■AKB48|マルガリータ・ミナミ 2

スポンサーリンク

バージン、バージン♪日が暮れて!

 壁掛 AKB48-10峯岸 みなみ カレンダー 2013年
AKB48 峯岸みなみカレンダー 2013年

峰岸みなみのマルガリータ騒動は、以外にも拡大している。当初、それほど影響はないだろうと思われた。それは峰岸だし。しかし、まー、今回の件以外にも次々とスキャンダル体質が露呈し始めた事で、運営側もこまってるだろう。思惑は外れたのではないか。

意図的であれ、そうでなくてもマス媒体による憶測?が拡散することで、すでに顕在化していた辟易としたファン層が、実質的な離脱に進展するのではないか。

運営側は厳しい局面を迎えた。しかし、わたしは思うのであるが、AKB48は致命的な欠陥を内包したまま現在に至っており、昨今それが顕在化したにすぎない。いつかは来る道であった。

芸能とは、真実が売り物ではなく、創造力を糧として生み出した商品に共鳴・共感してもらい、その結果を収益とする商売だと考える。マジとか、ガチとか、いうのも創られた嘘として認識したうえで楽しむべきだろう。わたしは、指原を注目しているとブログで書いたが、指原の貞操はどうでもいいのである。

貞操でなく、単におもしろいと感じたからであり、AKBもどうでもいいのである。あー、これはちょっと粗雑な論理であるかな。また貞操、貞操言い過ぎました。ま、それはともかくとして、柏木は痛いだろうな。と思う。指原は落差が激しいな。と思う。以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事