■社会|グーグルからのアクセスが急減! 番外篇 その2

スポンサーリンク

あれから、特に変わりはありません!?

googlebot850
グーグルロゴ スチームパンク?

■当該案件について、最近、知る事ができたこと。あれこれ!

<以下の記事は、旧タイトルの無料ブログに関する記事です。2013/10/18以後は、独自ドメインでの運用となりました>

先日、当該案件?について、コメントを頂きました。有り難うございました。当該ブログユーザーだけでなく、同じ不具合にあるユーザーがいることが実感できました。そのユーザーの方の場合、約50%がインデックスに反映されていないそうです。当該ブログは、それは確認していませんが、確実に検索上位には表示されていないのは間違いありません。

なにしろ、先日もお伝えしたように、最近、開設したライブドアブログにFC2と同じ記事をアップしたところ、ライブドアの方は、かなり検索上位に掲載されたのに、FC2はどこにあるのか影も形もなかったのである。その後、グーグルが当該ブログをどのように把握しているか。ということを知る事ができるウエブマスター・ツールのコンテンツ・キーワードというやつを確認しました。その結果が以下のものです。

<コンテンツ キーワード>
グーグルが、そのブログをどのように把握したかというキーワードです。以下はそのほんの一部です。20位以降はほとんど重要度約0%となっています。

1. fc2  (重要度100%)
2. ない (50%)
3. その (30%)
4. blog
5. pro
6. ブログ
7. 社会
8. 募集
9. 記事
10. モニター
11. 映画     
12. たく (以下は10%未満)
13. だけ
14. ので
15. てい
16. にんにく
17. では
18. という
19. プレミアム
20. 音楽

ウエブマスター・ツールのヘルプを見ると、見覚えのないワードがある場合、サイトが乗っ取られた可能性があると書かれていました。上記を見ると、blog、pro、募集、にんにく、モニター、プレミアムなど書いた覚えはない。それにどうでもいいキーワードばかりである。なんだろうと思い、グーグルがこのコンテンツにキーワードがあると指摘するページを確認しました。キーワードをクリックするとページのURLが表示されるのである。

「にんにく」がキーワードとして重要度が高いと指摘されたページを見ると、「にんにく」などどこを探してもない。当たり前だ。書いた覚えはないのだ。なんだろうか。摩訶不思議としかいいようがない。やはり、ハッキングされたか?。しかし、ウエブツールにはマルウエアを検知したとの報告はない。訳は判らんが、ともかく、これじゃグーグルが検索上位に表示する訳がないだろう。

当該記事は、当該ユーザーと同じくブログやネット、IT全般にそれほど詳しくない方に向けて少しでも情報を提供したくて書いています。グーグルのウエブマスター・ツールをまだ知らない方は、ぜひ検索して登録してみることをおすすめします。そして、自分のブログがどうなってるか把握するといいかと思います。

<追記>
さらに、ご報告したいことがあります。それは、この案件でいろいろと検索したなかでいくつか怪しいサイトにぶち当たりました。それは、テンプレートを変えるとアクセスが急激に上がったとか、アフィリエイト収入がベラボーになったとかいうことを事例を載せて宣伝しています。これは、いわゆる情報商材というマルチの一種だろうと思います。凄い数のアフィリエイトサイトが掲載されていました。

人の弱みに付け込んだ詐欺であることは間違いないだろう。みなさんもどうか気を付けてください。一応、ご報告まで。

また、ライブドアブログであるが、たしかにFC2より検索の上位に掲載されるが、使い勝手はFC2の方がだんぜんいい。また外部リンクからアクセスしたとき、記事タイトル上にでかでかと広告が表示される。これが、とても気になる。新しく記事を書く意欲を減退させるほどである。ただし、記事タイトルをクリックすると広告は消える。というか他ページに飛ぶのか?。

beingwildより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事