■NOKKO|ライミング・カフェ

スポンサーリンク

♪ 軽いふりより、そのままで〜

NOKKO|ライミング・カフェ(Rhyming CAFE)

NOKKOのソロ5枚目(海外版含む)の作品。比較的シンプルなバンドサウンドで統一したブリティッシュロック風味の作品となっている。

全体的にはゆったりとした雰囲気が漂い流れている。「ベルベット」「GO GO HAPPY DAY」「DNA」「天使のラブソング」など佳曲があり、また、ソロ2作目のヒット曲となった「ナチュラル」も入っている。

ギターの音色が絶品の壮大なロック・バラード「DNA」は、秀逸な出来映えであり名曲として名高い。なお、共同プロデュースの山田貢司は実兄である。

わたしは、去年あたりから何故か「ナチュラル」が気に入っている。特に、♪口笛なんて吹いてないよ〜、♪軽い振りよりそのままで〜の箇所が好きである。心が震えるのである。

それは何故か?、別に体調が悪いわけではない。たぶん、わたしの心の琴線?を微妙に刺激しているのだろう。これは個人的なことであり、誰もが感じることではないが。

ま、音楽とはそういうもんだろう。ナチュラル、そう、飾り気や誇張のない生き方がいいね!と思うが、と同時に、なんせ人間には欲望という化け物が内在している。

だから、なかなか難しいね!と思うばかりの今日この頃である。

■DNA
歌・作詞・作曲:Nokko 

ひざをかかえて裸で ほし草の小屋で眠っている

逃げたい時のイマジネーション

あなたのうでがよみがえる 麦わら帽子が夢をあびて

噴水にうたがこだましても

あの夏は遠く1秒ごとに 色を増していった

走る あえぐ 止まる 笑う ふりかえる そして泣きだす時も

シャツの中に入れる風 ふきだす汗は今年の肌

つかれることも忘れて笑っていたよ 時が過ぎてく

ふりそそぐ声は あの日のわたしが

とけた せみのうた 恋をしてた

<以下省略>

■ライミング・カフェ(Rhyming CAFE)

歌・作詞・作曲:NOKKO
プロデュース:NOKKO、山田貢司
楽曲協力:屋敷豪太、岩崎工、梅林茂、路木麻子
制作:ソニー・ミュージック
発売年:1996年11月

<曲目リスト>
01. ヴェルヴェット
02. ゴー・ゴー・ハッピー・デイ
03. あくびとUFO
04. 透明なタンバリン
05. DNA
06. キリン
07. ジャンプイ・ア・リトル・ハイヤー
08. 天使のラヴソング
09. ミラクル
10. エヴリシング・バット・ブルー
11. ナチュラル

Rhyming CAFE

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事