■社会|偽物サイトが検索の上位とは なんでそうなるのか

スポンサーリンク

当該ブログのコピーサイトを発見した!

■検索クエリ数がまたも急減、その影にインチキサイトの存在が…!

当該ブログは、無料ブログから有料ブログに変更し独自ドメインで運用しています。それは、旧ブログのアクセスが、ある時期から急激に下がったまま戻らなかったからである。アクセス数減は、記事の内容が悪いからと納得できる。しかし、それよりも検索インデックスに記事が表示されないのが問題であった。これでは、どんな記事を書こうが意味がない。

そこで、しかたなく一ヶ月前になるが、独自ドメインを取得した次第である。それからは、一転して急激に回復した。あれほど減っていたグーグル経由のアクセスも戻ってきていた。しかし、ごく最近であるが何故か急激に検索クエリ数が落ち込んだ。つまり、掲載されたインデックスが表示されていない。それは、インデックス掲載順位が急激に下位になった証であった。

おかしいと思って、当該ブログのタイトルで検索してみた。なんと、影も形も無いではないか。一ヶ月前には「パスワードは一万年愛す」で検索すれば、最初に掲載されていた。そして、何ページか見ていくうちにようやく当該ブログタイトルを目にした。しかし、何かおかしい。それは、URLが違っていたのだ。タイトルは同じである。

しかも記事内容(何故か表示はされないが、キャッシュで見れた)も同じであった。それが、以下のURLアドレスである。

インチキサイト(タイトルは当該ブログとまったく同じ)
http://○○.○○○○.com/cragycloud.com/
本物「パスワードは一万年愛す」

パスワードは一万年愛す。タイムレスなスタイルは、過去も未来も時を超えてゆく!
 

ご覧のようにインチキサイトは、ドメインの後に当該ブログのURLがそのまま貼られている。しかも、タイトルまで同じであった。このサイトは一体なんなんだ、という疑問で一杯であった。そこで、グーグルでこのサイト(serve.3ezy.com)を検索してみたのである。なんと、たくさんのFC2関連の記事があるではないか。その多くは、FC2サイト内のカテゴリ記事などであった。

しかも、それらはどれもタイトルも内容もそのままであった。

しかし、このサイトはFC2とは関連がないそうである。グーグル検索で調べたら同じ経験をしたブログユーザーがいた。その方の経緯も当方とまったく変わることがなかった。その方は、ブログの運用元に問い合わせたそうである。そのサイトとは関係はないという返事をもらったそうだ。なお、その方の経緯は以下のリンク記事から参照ください。

akitoのギター部屋
http://akit1974.blog137.fc2.com/blog-entry-1542.html

当該ブログユーザーは、このインチキサイトをインデックスから削除するために、グーグルへ削除コンテンツの依頼を申し出た次第である。グーグルからは、ウェブスパムの報告に対し丁寧なメールを頂いた。削除されたかどうかはまだ分からないが、なんらかの処置を施すはずであると期待している。それから、ほぼ一日であるが、当該ブログタイトルをグーグル検索すると、一番最初に掲載されるようになった。

これで元に戻ったかどうかまだ分からない。トップページとその他数ページしか確認はしていない。しかし、なんだろうか。得体が知れなくて気持ちが悪い。どうやって記事をコピーしたのか。また、このインチキサイトのせいで本物が重複コンテンツと見られて、グーグル、その他の検索に掲載されなくなっていたのだろうか。たぶん、そうだろうと思うが如何に。

当該ブログでは、この機にかつての無料ブログサイトも検索から除外すべくグーグルに削除依頼をした。実は、現在のタイトルはライブドアブログ(現在は全削除)で一時やっていたタイトルである。また、過去記事の大半はFC2の無料ブログ時代のものである。ライブドアブログは全記事削除したにも関わらず、いまだにインデックスに掲載されている。どうにかならんもんか。
また、この問題は追って報告したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事