■芸能|AKB48 最期のはじまりの予感

スポンサーリンク

脱法ハーブと不倫スキャンダル、最期のはじまりか!

167s6ww

芸能の話題2本立てである。AKB48の最期を彩るスキャンダルか!。そして、再起を掛けた沢尻エリカ様のドラマ感想文である。

それにしても、文春はよくやるなーと関心する次第である!

文春がまたもAKB48絡みのスキャンダルをものにした。なんともしつこいと言うか、ここまでくるともはや執念か。AKB総支配人が脱法ハーブと思われるものを吸っている現場を写真に撮られた。いったい、文春とAKBの間に何があるか知らないが、今度は薬物である。これは、不純異性交遊とは訳が違う。物によっては警察の出番となるはずである。いくら、合法と嘯いても昨今ではそれが違法薬物に限りなく近いことぐらい誰でも知っている。

この手の薬物は、ヒルズで起きた押尾学の事件以来、世間の目も厳しくなっているはずだ。沢尻エリカだって、噂の域をでない大麻疑惑が晴れずに活躍の場を狭くしている。それはさておき、まだ、文春の現物は見ていないが写真はよく撮れているようだ。それにしても、最近ではめずらしいくらいの記者魂というべきか。正確には、写真記者かな。どちらにしろ、かなり綿密な計画の元に行われたに違いない。

しかし、この支配人は油断している。別の角度で考えると余裕さえ感じさせる。誰もオレを陥れることはできないと。なにを以て、そこまでの余裕があったか。それは、たぶん、あちこちに金を配っていたからに違いない。あくまで憶測だけど。文春は、その利権の外にいたのか。それは知る由もないが、少なくとも恩義は感じていないようである。でなければ、このような写真を撮れないだろう。

いまのところ、支配人が吸っていたのが脱法ハーブと決まった訳ではないが、文春は、それを裏付けるタレ込みか、それに類する情報によって行動したはずである。AKBは、過去に異性交遊疑惑で辞めさせたメンバーが数多くいるが、今度は支配人という運営責任者である。しかし、これも辞職させて終わりか。これまではメンバーの問題でもあり、芸能の世界では仕方がない部分もあったはずである。

しかし、ついに裏方にまで問題が発生したことで、栄枯盛衰、ついにここまでかと思わずにはいられない予感がする次第である。

秋元康はどうするのか。スルーしようものなら、衰退はより早まると感じるが如何に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事