■時代と流行|2013年 何が起こり、何が流行ったか

スポンサーリンク

2013年は、アベノミクスではじまった!


旧三井銀行本店 ドラマ「半沢直樹」のロケで使われた!

2013年の全体総括。これでいいのか、倍返しだ!

上記のタイトルに特に意味はない。それはさておき、2013年の終了までもはや秒読み段階であるか。そんなことで、当該ブログでもこの1年を振り返りまとめてみる次第である。

2013年は、自爆した民主党に変わって政権を獲得した自民党・安倍政権による主要政策「アベノミクス」で幕を開けた。年初から株高、円安が進むという前政権時代とは真逆の傾向となってスタートした。年間を通してこの基調は変わらず、年末まじかには(12/19時点)日経平均1万5859円となっていた。しかし、一般の目線で見る限り景気の良さは実感に乏しいと言わざる得ない。それが最近の状況である。

お隣の国とのいざこざは、相変わらずであり年を越えても、なおややこしいことが続きそうである。これは、いまさら言うまでもない事である。

<社会・他>
2020年「オリンピック」の東京開催が決定した。これを推進した都知事が、なんと年末には収賄疑惑で辞任に至った。オレがオレがの唯我独尊もついに命運がつきた。ほんとに先のことは分からないものである。

<流行・風俗>
芸能では、何の変わりもなく「AKB48」と「ジャニーズ」が独占状態であった。お笑い関係がやや下火となったかという印象であった。悪い噂が多かった「司会者の大物」が、ついに引退の危機に晒された。また、特に目立った一発屋の芸人も現れなかった?年であった。「ふなっしー」というどこからか湧いてきたキャラが目立ったが、しかし芸人ではなかった。

恒例となったAKB48総選挙では、まさかの「指原莉乃」がトップとなった。しかし、これには多くのファンが、大ブーイングを投げかけたのであった。それでも、一位は一位だとまさに取ったもん勝ち宣言をして、漫画家のオタク先生をまた怒らせていた。

朝の連ドラ「あまちゃん」が大人気となった。テレビドラマ「半沢直樹」、最終話で視聴率40%を超える。

<その他>
愚かな行動を自慢するように、SNSに投稿する「バカッター」という理解不能なノータリン現象が多発した。それは、日本の行く末に疑問符が付くほどであった。

2013年1月 インフレターゲット定める!

日本の「スポーツ界の悪習」にメスが入るきっかけとなった事件が、立て続けに起きた2013年であった。立場を利用した暴力は、それを行使した方は指導の範囲と勝手に解釈していた。しかし、暴力を振るわれた方の身になれば、心身に影響があったであろうことが分かる。それを想像できない、スポーツ指導者とはなんだろうか。

自らの趣向性(暴力)やストレス発散を目的とする指導者が多く存在していたのではないか。そうとしか思えないスポーツ界の現状である。

政府と日銀は、かねてより懸案だった「インフレターゲット」を定めた。それを2%にすると発表した。

<主な出来事>
体罰を苦に高校生自殺  ボーイング787型機でトラブル
アルジェリア人質事件、日本人10人死亡 
元横綱大鵬・納谷幸喜さん死去
政府、日銀が2%のインフレを目標とする共同声明
柔道界で暴力問題など不祥事続く


日本の技術が多く使われているボーイング787

2013年2月 PM2.5ってなんだ!

自らの存在を隠してネットに犯罪予告をするということが後を絶たない。そんなひとりが、ついに逮捕された。中国を発生源とする「PM2.5」という、環境悪化を表す基準値?がやたらと目についた。中国は、相変わらずなんでもやらかしてくれる。日本はもとより中国でも、空気清浄機が売れたとか。

<PM2.5とは>
空気中に浮かんでいる小さな粒子のことをエアロゾルと呼びます。そのうち、粒径2.5μm(マイクロメートル、ミクロンとも呼ぶ。2.5μmは2.5mmの1000分の1)以下の粒子をPM2.5(一般的にはPM2.5と書くことも多い)と呼び、その大きさから人間の肺の奥にまで到達しやすいとされています。(日本エアロゾル学会より)

<主な出来事>
パソコン遠隔操作事件で容疑者逮捕  
グアムで無差別殺傷、日本人3人死亡
ジャンプの高梨選手がW杯個人総合優勝  明石歩道橋事故で免訴判決  
エジプトで熱気球墜落、日本人4人死亡
PM2.5対策で国が暫定指針

2013年3月 TPPは本当に大丈夫なのか!

賛否両論あった「TPP」への参加であったが、安倍政権はそれを押し進める参加表明を行った。日銀総裁には、インフレターゲットと金融緩和を推進する黒田東彦氏が就任した。

<主な出来事>
北海道で暴風雪、9人死亡  メタンハイドレートの試験採取に成功
安倍首相、TPP交渉参加を表明  日銀新総裁に黒田東彦氏

2013年4月 円安加速する!

日銀は、黒田総裁のもと異次元の量的緩和・質的緩和を押し進めると発表した。これによって円安はさらに進展した。東京・銀座の歌舞伎座が、改築なって新開場された。

<主な出来事>
歌舞伎座が新開場  日銀が異次元の量的・質的緩和を決定
日米両政府が米軍施設返還計画を発表  朝の連ドラ「あまちゃん」

2013年5月 従軍慰安婦問題!

政界の台風の目となっていた「維新の会」もこの頃には、やや下火となっていた。そんななかで橋本代表は、いわゆる従軍慰安婦について「当時は必要だった」などと発言し、波紋を広げた。原発の活断層問題がクローズアップされた。日経平均株価が、1万5600円代を回復した。

<主な出来事>
長嶋茂雄氏と松井秀喜氏に国民栄誉賞
維新・橋下共同代表の「慰安婦」発言
原子力規制委が敦賀原発に活断層と認定
日経平均株価が1万5600円台を回復
三浦雄一郎さんがエベレスト登頂に成功

2013年6月 富士山が世界遺産に、指原莉乃AKB総選挙トップに!

日本の象徴ともいえる富士山の世界文化遺産への登録が決まった。衆議院選挙に続いて都議選でも自民党は圧勝した。民主党はここでも激減した。

ここ数年国民的行事?となった「AKB48総選挙」で、ダークホース「指原莉乃」さんがトップを取った。大本命を押しのけたことで、一部ファンからはAKBも終わりと大合唱となった。漫画家の小林某氏などは、これでもかと言わんばかりに暴言を吐いていた。

<主な出来事>
富士山が世界文化遺産に決定
東京都議選で自民圧勝、民主惨敗
衆院定数の「0増5減」が成立  AKB48総選挙


AKB48総選挙2013 テレビ中継画面

2013年7月 参院選挙でも自民勝利!

いったい民主党はなんだったのか。参院選挙でも自民が圧勝、公明党とともに過半数を獲得した。この参院選からインターネットを活用した選挙活動が解禁された。

<主な出来事>
原発の安全対策の新規制基準が施行
省庁内部メールを閲覧可能なことが発覚
高血圧治療薬でデータ改ざん
参院選で自民、公明両党が過半数獲得、ねじれ解消
山口県で5人殺害、集落の男を逮捕  山口、島根で豪雨災害

2013年8月 バカッターの発生!

ものすごく暑い夏であった。高知県四万十市で12日、国内観測史上最高の「41.0度」を記録した。また、豪雨被害も多発した。そのようななかで、楽天・田中投手は黙々とひたすらに投げ続けて無敗記録を更新していた。国の借金が、1000兆円を突破した。

一方、巷では愚かな行為が発生していた。理解し難い行為を自慢すべくツイッターなどに投稿することが多発していた。それは「バカッター」と言われた。

<主な出来事>
国の借金が1000兆円突破  高知県四万十市で史上最高の41.0度
京都の花火大会で爆発事故、3人死亡  楽天の田中投手が連勝の新記録
福島第一原発のタンクで、300トンの汚染水漏れが判明
イチロー選手が日米通算4000安打  気象庁が「特別警報」の運用開始

2013年9月 お・も・て・な・し!

2020年のオリンピックが東京で行われる事が決定した。プロ野球・ヤクルトのバレンティン選手が、56号を放ちホームラン日本新記録を達成した。アニメの宮崎監督が、引退を表明した。ただし、先のことは誰にもわからない。

みずほ銀行が、傘下のローン会社を通じて暴力団に融資していたことが発覚した。それは、反社勢力となかなか切れない銀行の体質をまた露にした次第であった。

<主な出来事>
埼玉、千葉両県で竜巻被害  
最高裁が「婚外子の相続差別は違憲」と初判断  宮崎駿監督が引退表明
2020年夏季五輪・パラリンピックの開催地が東京に決定
バレンティン選手が本塁打の新記録  「イプシロン」の打ち上げ成功
大飯原発4号機が停止、原発ゼロに  リニア中央新幹線の詳細ルート発表
JR北海道でレール異常放置など不祥事
みずほ銀行が暴力団員らに多額の融資  ドラマ「半沢直樹」高視聴率

2013年10月 高級ホテルでも食材偽装!

飲食店での食材偽装の発覚が多発した。なんと高級ホテルまで偽装をしていたことが分かった。この偽装問題は、いまでも続いている。もはや顧客が、いちいち食材を確認する時代になりそうである。なんともはや。安心・安全・信用は、もはや何処にもないようである。

<主な出来事>
JR横浜線踏切で男性救助の女性が死亡  消費税率8%への引き上げ決定
体操世界選手権で白井選手が最年少で金  やなせたかしさん死去
「ななつ星in九州」の運行開始  伊豆大島で土石流災害、死者35人
ホテルなどで食材偽装の発覚相次ぐ  川上哲治さん死去

2013年11月 中国突然の防空識別圏設定!

中国が突然、尖閣諸島を含む空域に「防空識別圏」を独自に設定したことを発表した。これに、日本政府は抗議し撤回を求めた。米軍は、すぐにB52を飛ばして中国の反応を確かめた。日本政府は、航空会社に対して中国の要望に従わない様に勧告した。プロ野球の東北楽天が、創立9年目で初の日本一を果たした。

猪瀬東京都知事が、医療グループ「徳洲会」から5000万円を借り入れていたことが発覚した。これは、東京電力保有の病院売却と重なり、収賄との疑惑が浮上して都議会は混乱となった。

<主な出来事>
楽天が初の日本一  若田光一さんが国際宇宙ステーションへ
島倉千代子さん死去  「徳洲会」による選挙違反事件
最高裁が2012年衆院選を違憲状態と判決
猪瀬都知事に「徳洲会」側から5000万円
中国が尖閣諸島を含む防空識別圏を設定  特定秘密保護法案巡り与野党論戦

2013年12月 都知事退陣!

すったもんだの末に「特定秘密保護法案」が成立した。これに異を唱える勢力は、マスメディアを中心にプロパガンダを絶賛展開中である。猪瀬都知事は、ついに観念したようである。百条委員会には、耐えられないと判断したか、それは知る由もないが、ついに退陣を表明した。自業自得の彼には花道はない。

オリンピック招致を成功させたことで、いよいよオレの時代到来と思ったはずである。しかし、それもつかの間の出来事であった。悪いことはできないものである。

因果応報とは、たしかによく言ったもんである。

安倍首相が、突然に靖国参拝を決行した。これには、例の如く中国・韓国は反発した。またアメリカも東アジア情勢を考慮して遺憾を表明した。

<主な出来事>
特定秘密保護法案  都知事収賄疑惑?で退陣
日経平均、年初来高値を更新 終値1万5859円(12月19日)
安倍首相、靖国神社を参拝

2013年の「ユーキャン新語・流行語大賞」
年間大賞は「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」の4つが選ばれた。
トップ10には「ご当地キャラ」「アベノミクス」「特定秘密保護法」「PM2.5」「ブラック企業」「ヘイトスピーチ」が入った。

参考:読売新聞・読者が選ぶ10大ニュース

進化する物流、台頭するネット、膨張するPBなど最新の動きを追う!
幅広い業界をカバーした独自調査は根強い人気コンテンツ。消費者の関心や時代のニーズの移り変わりがつかめる10年分の「ヒット商品番付」も収録しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事