■NOKKO|オーイェー!

スポンサーリンク

見上げる2月の空は、雨だった!

■NOKKO|Oh yeah
歌・作詞・作曲:NOKKO

oh yeah 白いワイシャツの 胸のボタン

一つづつはずしていく あなたの手は

ヴィーナスの朝陽に包まれ あたしは白くかすむ頭で

あと1ミリとキスを待つところで

目覚めたわ 月曜日の朝

走り出すバスを追いかけて 2月の空を見上げた

Imagine U Were Here

(以下省略)

2月の空に想う

ふと、思ったのである。そうだ2月だったと。とくに特別なことがある訳ではないが、空を見上げてみた。それは雨だった。という訳で、NOKKOの「oh yeah」を思い出したので急遽アップすることにした。

2月の月曜日の朝、ちょと夢の中で想いに耽っている女性の様子が可愛く、愛しく思えます。女性は普段からこの様なことを考えているのだろうか。

それは、わたしには知る由もないのは言うまでもないが…。

わたしは、この曲を聴くと何故か、胸がきゅんとなる。憂いと爽やかさを合わせた様なサウンドに、そしてメロディーに耳を澄ませていると、心のなかにジワジワと浮かんでは消えるものがある。

それは、遠い記憶の彼方にうっすらと垣間見えるようだ。

どうやらわたしが侵した女性に対する罪の様なものであるらしい。そのせいか、この曲を聴くとあー女性には優しくしたいね、といまさらの様に思うのであった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事