■芸能|変顔女優!指原莉乃 コメディー映画に主演

スポンサーリンク

これは期待に違わぬ本領を発揮しそうな予感である

96017
白目を剥いて倒れている主人公の幸子!(これが指原さんらしいが、如何に?)

ついに変顔女優の本領発揮か!指原の真価が問われる映画である

指原莉乃&福田雄一監督、再タッグで“喜劇” 『薔薇色のブー子』映画化決定
http://www.oricon.co.jp/news/video/2033718/full/

ついにというか、当然というべきか。指原莉乃さんがコメディー映画に主演だそうである。脚本・監督は、言わずと知れた福田監督である。ある意味ゴールデンコンビのこのふたりが、前回の「ミューズの鏡」以上のパワーで挑んだ映画である。本当にそうかは知る由もないが、たぶんそうであってほしい。

それはさておき、今度の映画のタイトルは「薔薇色のブー子」というらしい。公開は、だいぶ先で5月30日だそうである。AKB48総選挙の直前ということになる。これも話題づくりの一環かもしれない。それはいいとして、彼女の役名は幸子というらしい。これは”さっちー”ということか。福田監督らしい遊びごころである。そして、あだ名が”ブー子”である。これは、いつもぶーたれていることから付けられたという設定だそうだ。

映画の内容は、指原演じる地味な女子大生が人生を変えようと動きだすものの、次々と不運なハプニングに見舞われる物語だそうである。特に笑えるのが失神シーンだそうだ。沈められていた池からはい上がり「ここでくじけない!」と神に誓った瞬間、車にひかれ、鼻の穴丸見えで白目をむく姿が笑いを誘う。とスポニチは書いている。

これを読んだ限りでは、どうやらとんでもない勘違い女の役のようである。どこまでも暴走する様をコメディータッチで描いた映画のようである。どこかのサイトでは、ジェットコースター・アンラッキー・コメディとか書いていた。どういう意味だか疑問であるが、その気持ちはなんとなく分かる。

ファイナル・デスティネーションのコメディ版か。ともかく、そんな映画らしい。

指原さんのことであるから、きっと素晴らしいぶーたれ具合や失神シーンを見せてくれるに違いない。しかし、この映画はいつから撮っていたんだ。ちっとも知らなかった次第である。コアなファンは知っていたのだろうか。特に前宣伝もしていなかったように思うが、いかがだろうか。

したがって、この映画についてはまだ情報があまり公開されていないようだ。まだ撮影も残ってるのかもしれない。共演には鈴木福くんの名前もあった。福田ファミリー総出演か。ムロツヨシも出るのだろうか。それは知らないが、彼と指原さんの絡みはなかなか面白いはずである。

ちなみに福田監督は、ビューティー・イヤーに輝いた指原さんを考慮して台本を書いたとか言っているようである。しかし、それは冗談であるのは言うまでもない事である。

冒頭の写真は、現在公表されている唯一のスチール写真のようである。指原さん得意の白目を剥いた様は、なんとも誇らしげに見えるような気がする。気のせいかもしれないが、こんなこと出来るのも唯一無二の存在であるからに違いない。

もっともそれは、気のせいかもしれないが…。

いまや懐かしの「ミューズの鏡/マイプリティドール」
変顔女優として開眼した記念すべき主演映画第一作である!そして、最近の写真集である「猫に負けた」!これは販売に苦戦しているようである。15万票のファンはどうしたのか、と問いたい次第である!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事