■芸能|指原語録 一周回ってピュア

スポンサーリンク

絶妙なブスというのが、指原さんらしい!

a6fd4cfd
指原莉乃 Sound Roomより

指原さん、芸能界の荒波を巧みに泳ぐ

関連記事:自分ではピュアキャラ気分の指原莉乃さん
http://www.menscyzo.com/2014/03/post_7342.html

指原さんは、このところ炎上ネタアイドルとして話題を提供している。それは、自らのキャラを認識したうえでの巧みな戦術とみたが、違うか。
ともかく、彼女は逞しい。例のスキャンダル以降、さらにその逞しさが増したように見受けられるが、如何に。

■指原語録その1:「一周回ってピュア」

某テレビ番組で自らの現状を「一周回ってピュア」と発言したようである。これはどういうことかと言うと、例のスキャンダルもすでに2年も前のことである。アタシは、もう”ピュア”になったということか。どうやら、彼女はそのように考えているようである。

なんとも、逞しいというか、強いというか。その両方だろうと個人的には感じる次第である。

しかし、あっけらかんと自らのピュア宣言をしたかと思えば、アンチ指原からは、「死ね」という脅迫?文が、ツイッターに多数掲載されているそうである。その数は、一日あたり100を超すそうである。いやはやである。

それでも彼女は気にしないと気丈なところを見せている。もはや、芸能界とはそのような場所である。とある意味達観したのか。その若さには似合わず、芸能の世界を生き抜く術を心得たようである。恐るべしさっしーである。

すべての出来事をネタに還元する、指原ネタ還元装置でも付いてるのか。それは知る由もないが、最近の指原さんはそれが加速度的に進化しているようである。

■指原語録その2:「一回の収録で30回ぐらいブスと言われる」

指原さんは、アイドルらしからぬブスキャラとして認知されている。それは、すでに鉄壁のネタのごとく染み付いたようである。彼女は、いくらブスと言われても気に掛けないそうである。それが本当かどうかは、彼女しか知る由は無いが、どうやらネタとして、自身の持ち味としておいしいと思っているようだ。

彼女は自ら「一回の収録で30回ぐらいブスと言われる」と告白している。そんな彼女をHKT48の兒玉さんなどは「大丈夫ですか」と心配している。後輩から心配されるブスキャラって何だ?、しかし、それもまた彼女にとっては、次のネタになりそうである。

ブスと言われて後輩に心配される指原さんであった。ちなみに、福田雄一監督は、彼女を「絶妙なブス加減」と言っている。これは、絶妙な言い回しである。

■指原語録その3:「一人で金持ちになる」

「指原の乱」という彼女の冠番組の中で将来を占ってもらった指原さんは、「結婚してもすぐに離婚する」とか、「安定した家庭は難しい」など散々な言われ様であった。そんな占いに落胆したか、はたまたキレたか。

指原さんは、「一人で金持ちになってやる」と呟いたそうである。

いやはや、指原さんらしい一言である。さすが、バラエティーを分かってるアイドルならではの一言と関心した次第である。このあたりの反応は、ピカイチではないか。ともかく、気丈さではアイドル界で群を抜くらしい彼女でも、異性問題はトラウマになっているのかもしれない。

やはり、彼女も女性である。それは当たり前か。離婚するのが目に見えた結婚などしたくないのは理解できる。彼女も、どこかで幸せな結婚を夢に見ていそうである。そんな年頃の女性ならではの指原さんが、かいま見えた次第であった。

AKB48も曲がり角と言われる昨今であるが、そんな風潮も何処吹く風のごとく抜群の安定感を示しているのが、指原さんではないか。しかし、アイドルとしての正当性に欠けているのは、言うに及ばずである。あしからず。

■指原語録おまけ:「NOパプニング、YESスキャンダル」

追記、3/12放送の番組内でも、また次のようなことを言っている。ハプニングはあったかと問われた指原さんは、「NOパプニング、YESスキャンダル」と誇らしげに答えたのであった。タワーレコードのメッセージもどきの返答とは、それは台本か。と思ったが、面白い受け答えではあった。エクセレントである。

以下は、HKT48の新曲「桜、みんなで食べた」である!

桜、みんなで食べた (Type-A)(CD+DVD)(初回プレス盤)【全国握手会参加券封入,ポケットスクールカレンダー(全16種のうち1種をランダム封入)】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事