■映画|「2046」ニーゼロヨンロク

スポンサーリンク

2046、それは豊穣なる情動が溢れるかの如く!

1960年代の香港を舞台とした、ウオン・カーウァイ監督の情感溢れる恋愛ストーリー。92年(日本公開)の「欲望の翼」、01年(同じく)の「花様年華」に続く60年代シリーズ3部作の最後を飾る作品である。アジア各国のスターを集め、5年の歳月をかけて完成した。

本作は、現実世界と小説世界が入り交じる様に展開していく。現実世界では、チャウ(トニー・レオン)とバイ(チャン・ツィイー)の、小説世界では、タク(木村拓哉)とワン(フェイ・ウオン)の恋愛感情が情感たっぷりと描かれる。「2046」の由来は、「花様年華」のなかでチャウが宿泊する部屋番号であった。

また、香港返還から50年後という意味も含んでいる様である。

2046-007

2046affiche1
恋愛感情が迸る、情感溢れるが如くのポスター

2046|ストーリー

1960年代、失った愛に取り憑かれている男、作家のチャウ(トニー・レオン)は、滞在していたシンガポールから久しぶりに香港へと戻ってくる。そして、オリエンタル・ホテルの2047号室を住居とする。

当初、彼は2046号室を希望したが住人の殺傷沙汰によりそこは改装中だった。ホテルのオーナーの娘ワン(フェイ・ウォン)は、日本のビジネスマン、タク(木村拓哉)と恋愛をしている。

これに反対する父親のため文通さえままならない。それを知ったチャウは、自分が間に入り手紙のやり取りを仲介する。

この遠く国を隔てた恋人どうしの関係にインスパイアされたチャウは、未来小説「2046」を書く様になる。小説のなかでは、永遠の愛を求めた人達が「2046」へ向かって列車に乗る….。

しばらくして、隣の2046号室にバイ(チャン・ツィイー)というダンサーが越してくる。はじめチャウを邪険に扱ったバイだが、いつしかベッドを共にする仲となる。

バイはチャウにどんどん引かれていく。一方、チャウはいまだ失った愛に取り憑かれている。ふたりの間の心は、すれ違う列車の様に。そしてバイはチャウにあなたを忘れられないと懇願するが….。

895zhangziyi_0151
チャイナドレスが魅力的なチャン・ツィイー

zhangziyi01

2046|感想として

本作は、すべてにおいて豊熟した果実の様である。「花様年華」の続編と云う位置づけであるが、チャウ(トニー・レオン)は前作とは一変して、やさグレ感漂う遊び人であり、けっして誠実とは云えない人物となっている。

それは、前作で人の良い、誠実そうな人物が人生経験を積み男として熟したとも云えるが…。

チャウを愛する様になるバイを演じる、チャン・ツィイーの熟成途中の匂い立つ様な色っぽさも堪らない魅力を発している。

映像もこれまでにない程に完成度が高く、まるでアートといっても過言ではない。衣装、部屋の内装などの美術も能力の高さを魅せている。

チャン・ツィイーのチャイナドレスの素敵さを観るだけでも価値がある。彼女が住む2046号の内装および小物が奏でる情感もまた素晴らしい。一つ難点がある。それはストーリーの分り難さである。

しかし、本作の素晴らしさを堪能するには、頭で考える事無く只ひたすらにムードに身を任せることである。それは、たぶん間違いない。

tonyleung01
主人公チャウを演じるトニー・レオン

tony-ziyi_toit_2

<スタッフ>
製作・監督・脚本:ウォン・カーウァイ
美術・編集:ウィリアム・チョン
撮影:クリストファー・ドイル、クワン・プンリョン、ライ・イウファイ
音楽:ペール・ラーベン、梅林茂

<主要キャスト>
チャウ・モウワン:トニー・レオン
タク:木村拓哉
スー・リーチェン:コン・リー
ワン・ジンウェン/WJW1967:フェイ・ウォン
バイ・リン:チャン・ツィイー
公開:2004年10月23日/日本
上映時間:129分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事