■芸能|指原マーケティング 好きこそイノチ

スポンサーリンク

ゴキブリー、お、おもしろい!


一発芸ゴキブリ HKT48 矢吹奈子 田中美久

Vineを使ったマーケティングは、指原さんを見習え!

関連記事:Vine活用マーケティングの可能性を探る!
http://gaiax-socialmedialab.jp/socialmedia/285

SNSのTwitterと連携したスマートフォンアプリ「Vine」というのが人気であるらしい。この「Vine」とは、6秒間の動画を撮影して共有できるアプリである。動画としては非常に短いが、この短さ故に特徴ある動画が集まっている。いわば、動画の一発芸といっても過言ではない。たぶん。

この動画一発芸を活かしたマーケティングが、ちょっとした注目を集めている。具体的な例としては、企業が自社の商品・サービスをテーマに、動画を一般から募集しコンテストを行うのである。動画が短いというVineの特性(簡単)から、コンテストには多くの参加者が見込める。参加者が多ければ、それだけ商品の認知拡大が図れる。そして、それを売上増に結びつけようという訳である。

この動画アプリは、短いというデメリットを逆転の発想でメリットに変えることができる。使い手次第でその活用方法は広がるに違いない。

冒頭に紹介したのは、HKT48の指原支配人のVine動画である。ちなみに貼付けたのは、YouTubeにアップされていたものである。できれば、以下のリンク先で実際のVine動画を観て頂きたい。YouTubeにはない連続性があって大変面白いのである。

HKT48のマーケッター(市場創出の仕掛人)

この動画を公開した指原さんは、意図的なのかどうかは知る由もないが、結果としてHKTの支配人としてしっかりマーケティング活動を行っているようである。そして、それがなかなかうまいのである。彼女にはマーケティングの才があるのかもしれない。

なかでも、指原さんが最近盛んに推している新規メンバーである小学生コンビ、矢吹ちゃんと田中ちゃんの動画が秀逸である。本人たちの年相応な芸?の表現力がなんともいえずいい感じになっている。それも超、超いい感じという雰囲気である。

この動画は種類がたくさんあるが、どれも楽しいものである。内容は、彼女たちのプロフィール、面白芸?、楽屋裏などの動画である。それらはすべて指原さんが撮影してアップしている。そのどれもが、芸の完成度は低いが、動画の完成度は高いという具合である。動画の完成度が高いのは、愛情が込もっているからである。

それは、たぶん指原さんが好きを表現しているからに違いない。この二人可愛いでしょう、面白いでしょう。という指原さんの熱い?想いが伝わってくるのである。また、そのような想いがあるからこそ動画も面白くなり、それを観た人に何かを残すのである。たぶん。そして、彼女たちの認知度は広がるのである。

その結果、アイドル市場に彼女たちは場と機会を得るのである。まさに、これぞ指原流マーケティングか。そう思わざるを得ない。

マーケティングの極意とは、まさにここにある。好きを表現し伝えろ!である。大学院で学ぶMBA流なんぞ糞くらえである。指原流こそ真のマーケティングに違いない。たぶん。いや、間違いないはずである。きっと。

なお、あくまで個人的見解であることをお断りしておきます。あしからず。

追記、5月30日に公開される指原さん主演映画「薔薇色のブー子」の主題歌が、なんと内田裕也とのデュエットソングらしい。タイトルは、「シエキナベイビー」だそうである。いやはや、どうなることか。ロックでヨロシクーとか、ツイストアンドシャウトとか歌うのか?。ちょっと想像ができないが、果たしてどんな曲になるのか!

<シェキナベイベー/内田裕也と指原莉乃>
2014年5月30日公開映画「薔薇色のブー子」主題歌を、ミスターROCK`N ROLL内田裕也と指原莉乃(AKB48 36thシングル選抜総選挙1位)が歌う「シェキナベイベー」!
DVDには豪華出演者による「シェキナベイべー」MV
【初回特典(封入)】応募券
【応募特典/企画内容】内田裕也、指原莉乃 直筆サイン入り ロックTシャツ(当選者69名)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事