■映画|猿の惑星シリーズ 逆転した世界

スポンサーリンク

いっぺん猿に地球を支配してもらうか

planet_of_the_apes_jacket

猿の惑星を、いまこそ振り返ってみる

2014年現在、最近の出来事を振り返るとなんだか世の中は物騒な雲行きである。日本の表向きは相変わらずのんびりであるが、世界に目を向けるときな臭ささが漂っている。ロシアのウクライナへの侵攻(事実上の)、中国の領土拡張的な野心と国内テロの活発化、そして言わずもがなのバブル崩壊予兆など。そして韓国は、反日を煽り中国と連帯を強化する方針を打ち出している。

欧米では、アメリカの覇権国、世界の警察としての地位が揺らいでいる。ヨーロッパでは、ロシアにエネルギー供給を握られてかの国を抑止する力を失っている。これらを俯瞰するといまや世界は独裁的国家のやりたい放題に、歯止めをかける有効な手段をもっていない状態にある。違うか。

国内では、人を騙しても数字(お金)を上げよという、まさに詐欺的行為等が蔓延化している。振り込め詐欺は言うに及ばず、携帯端末の契約もある意味では高度な詐欺的行為ではないか。かつてイノベーションの代表的企業であったソニーなどはいまや数字しか弄る事ができない体たらくである。なお、これは余分であったかもしれない。

さらに、他人のPCを通してネットに犯行声明などを書き込み、見ず知らずの他人を傷つけて、なお平気で自己弁護できる異常な性格の犯人を生み出すネット社会では、自己中心性とモラル崩壊が進行中である。俗に25人に1人は良心のない人が存在すると言われるが、ネットの世界ではそれを軽く超えるに違いない。

とにかく、このような世界の特徴は、自己中心的な強欲が動かす社会といって良いだろう。何処かで歯止めを掛けなければ何れは、本当に人間は滅びるかもしれない。そう、「猿の惑星」のようにである。

前置きが長くなったが、ごく最近久しぶりに「猿の惑星」を観たのである。きっかけは、映画評論家・町山智宏氏がこの映画を解説するYouTube動画を観たからであった。町山氏の解説が大変面白くて、興味を掻き立てられた次第である。そして観た後に感じたのは、「猿の惑星」を生んだ時代背景からあまり進歩していない現在の人間社会の現状であった。いやはや、また時代が戻ったかと思わざるを得ない。

猿の惑星は、すべてに意味が込められていた

「猿の惑星」は、今更言うまでもなく、斬新な発想を有したSF映画の傑作である。猿が地球を支配するという逆転の発想が受けて大ヒットし、続編も含めて5作品が製作された。その後、リメイクされたティム・バートン作品、そして2011年には、かつての作品の文脈を受け継ぐ新作「猿の惑星・創世記」が公開された。

この作品の特徴は、比喩に富んだ物語の構造にある。一作目は、人間と猿の立場が逆転した題名どおりの世界であった。そこには、実は現実世界が投影されていた。それが黒人の置かれていた人権である。当時(1960年代)のアメリカでは、黒人は差別・迫害を受けていた。白人とは同等の権利はなく、虐げられた存在であった。その世界をSF映画として投影したのが、「猿の惑星」であった。

そこでは、なんと白人の主人公が猿から迫害を受けるのであった。現実世界に照らせば猿=白人、迫害される白人=黒人という具合である。つまり逆転して描いたのである。まるで現実に対する嫌みのように。しかし、このある意味では政治的な背景をもった作品である。それでもSFという娯楽性を十分満たしていたことで映画は大ヒットした。これは製作陣のしてやったりであった。

ちなみに、映画の原作では猿の比喩は日本人とも言われている。それは、原作者が第2次大戦で日本人に虐げられた(たしか捕虜になった)記憶があるからだそうである。なんの本だったか忘れたが、そのように書かれていた記憶がある。したがって、映画は原作に忠実ではなくかなりオリジナルな創作が加えられたようである。

猿の惑星 タイトル別テーマ&キーワード

1)「猿の惑星」1968 奴隷の話 黒人

2)「続・猿の惑星」1970 核の恐怖

img31c6ca19zik2zj

3) 「新・猿の惑星」1971 女性解放 平和運動

4)「猿の惑星・征服 」1972 黒人暴動 キング牧師暗殺

5)「最後の猿の惑星」1973 米ソ冷戦 

6)「猿の惑星・創世記」2011 動物実験 バイオテクノロジー 

ちなみにティム・バートン作品は除いた。理由は、映画の文脈から外れており前作との整合性がいまいち欠けるからである。町山氏はティム・バートンは単なるお金儲けと示唆する発言をしていた。ただし、原作には近いという説もある。

新作の「猿の惑星・創世記」は、よくできた作品で評判もいい。バートン作品には辛口だった町山氏も絶賛しているほどである。


町山智浩の映画塾! 猿の惑星:創世記

猿の惑星 第一作のストーリー

1972年1月、ケープ・ケネディから打ち上げられた宇宙船が、1年6ヵ月後、ある惑星の湖に不時着水。地球時間で約2000年という歳月が流れていた。 宇宙船は破損し沈没してしまったため、地球への生還の望みが絶たれた。無事だったテイラー隊長(チャールトン・ヘストン)ほか2人は、食糧を求め砂漠をさまよい歩き、泉を発見。しかし喜びもつかの間、その先で馬に乗り銃を手にした猿の一群を目にした。

その後、テイラーらは捕らえられ、現地にいた女性ノバ( リンダ・ハリソン)とともに檻に入れられた。この惑星では猿は英語を話し、人間は口もきけず、奴隷の扱いを受けていた。その中で英語を話し、字を書くテイラーはザイウス博士(モーリス・エヴァンス)らに驚異だった。数千年前、人間が猿より高度な知能を持ち、文明が発達していたことを知っていたからだ。

テイラーとノバは、考古学者コーネリアス(ロディ・マクドウォール)と動物心理学者ジーラ(キム・ハンター)の助けで脱出し、新天地を求めて旅立った。その先で見たものは、砂に埋もれた自由の女神だった。

panet-of-the-apes-stills191
第一作 ラストシーン

<猿の惑星 製作概要>
原題:Planet of the Apes

監督:フランクリン・J・シャフナー
脚本:マイケル・ウィルソン、ロッド・サーリング
原作:ピエール・ブール
製作:アーサー・P・ジェイコブス
出演者:チャールトン・ヘストン
   :ロディ・マクドウォール
   :キム・ハンター
   :モーリス・エバンス
配給:20世紀フォックス
公開:アメリカ 1968年
上映時間:112分
製作国:アメリカ

参考文献:町山智宏YouTube動画、ウィキペディア、ほか

<猿の惑星(第一作)>
スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』とともに、その後のSF映画の流れを作った大ヒットシリーズの第1作目である。
ケープ・ケネディから打ちあげられた宇宙船が、1年6か月後、ある惑星に不時着する。しかしそこは猿人が支配者であり、人間は下等動物という星だった…。

猿の惑星 [DVD]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事