■芸能|AKB総選挙2014 ぶっちぎるさっしー

スポンサーリンク

中国富裕層は、今年もさっしーに投票するか

薔薇色のブー子HP用

速報で指原さん、まゆゆをぶっちぎる!

いやはや、指原さんは向かうところ敵なしである。どうゆう訳か、その理由がいまいち分からない部分もあるが、それは仕方がない。なにしろ指原さんは、そういう訳の分からないアイドルだからである。この意味が通じているか不安であるが、続けるとしよう。此れから書く事は、かなり適当であることをはじめに断っておきます。あしからず。

なにしろ指原さんであるから、その辺りは心配ないか。

それはさておき、AKB総選挙までもうすぐである。たしか6月7日であったはずである。今年もさぞ盛り上がっているかと思ったが、週刊誌やネットで知る限りではあまり盛り上がっていないようである。何故なのか、当方はあまり知らないが、小林よしのり先生がオタクから撤退したことと関係があるとか、ないとか。

それだけではないだろうが、とりあえずニュースにはなっているし、投票権付きのCDも140万枚を超えたとある、それでもいまいち感が拭えない。それは何故か。やはりカリスマ性を備えたスター不足なのか。現トップの指原さんにカリスマを求めるのは、ラーメンにてんぷらを求めるようなものである、違うか。いや、ちょっと例えが思い付かなかった次第である、残念ながら・・・。

しかし、盛り上げに欠けてもそこは指原さん、さすがである。ひとりでも場を盛り上げるためにネタを提供し続けている。正確には、AKB総出で盛り上げようとしているはずである。しかし、何故か彼女ばかりが目立ってしまうのが、最近の諸事情らしい。なにしろ彼女はメディアへの露出と、そして自分発信力がずば抜けているからである。

その背景には、彼女がジジ殺しと言われる得意技を持っているからである。会社や組織には必ずトップに何故か気に入られる人材がいる。そういう人たちは、トップに忌憚のない意見を言っても、愛いやつで済まされるのである。そういう人達を世間ではジジ殺しというのである。この能力は、勉強して身につけるものでなく元から備わったものとしか思えない。

指原さんの場合は、その対象は言うに及ばずの秋元康である。さらに芸能界の大物たちや製作陣たちである。とにかく、何故か彼女はそのような大御所達に高い評価を受けている。なお、異論はあると思うが、この際それは置いておくことにしたい。

このジジ殺しが直接投票に結びつく訳ではないが、しかし間接的には機会を与えられて優位な立ち位置を得ることができる。これは間違いないだろうと思う。もちろん、与えられた機会を活かす事ができなければ、その後が無いはずである。しかし、指原さんはしっかりと成果を残している。その結果が今年も速報値でブッチギリの1位となって現れたと思われる。なんと、2位渡辺さんに1万票以上の差を付けている。

おそるべし、指原莉乃である。違うか。

さらには、2013年の総選挙で話題になった中国からの応援である。中国の富裕層と思われる指原ファンが、大量の投票をしたと言われた。本当かどうか疑われたが、それが本当であることをごく最近のテレビ番組内で発言していた。そこでは、他のメンバーにも中国から多くの投票があるとも言っていたようである。

なんと中国は、世界の動向だけでなく、AKB総選挙の動向まで動かす存在となっていたようである。いやはや、なんと言ったらいいか言葉が無い。

おそるべし中国の富裕層、それを味方に付ける指原さんもおそるべし!

前後におそるべしが、見事に嵌ったところで今回は終わりにしたい。あしからず。


指原さんVINE動画 まゆゆ大好き(音声は左上のアイコンを操作してください)

<第6回AKB48選抜総選挙/速報順位>
いまさらであるが、2014/5/21発表された順位は以下のとおり。

1位  指原 莉乃
2位  渡辺 麻友
3位  松井 珠理奈
4位  柏木 由紀
5位  島崎 遥香
6位  松井 玲奈
7位  山本 彩
8位  柴田 阿弥
9位  松村 香織
10位 兒玉 遥
11位 森保 まどか
12位 横山 由依
13位 高橋 みなみ
14位 二村 春香
15位 北原 里英
16位 宮澤 佐江
17位 小嶋 陽菜
18位 須田 亜香里
19位 磯原 杏華
20位 宮脇 咲良

冒頭の写真は、5/30公開の映画「薔薇色のブー子」より。主演の指原莉乃さん

追記、5/25岩手でのAKB握手会で刃物男が暴れる事案が発生した模様である。詳細はまだないが、入場の際にチェックはしないのか。握手会などはタレントとの距離感がものすごく近い。当然、万が一の対策はされていると思ったが、案外ずさんだったのかもしれない。けがを負ったメンバー?及びスタッフの早い回復を祈ります。

<ラブラドール・レトリバー Type-A>
2014年も“37thシングル 選抜総選挙”の開催が決定!今年はどんなドラマが生まれるのか?2013年の総選挙から多くの超選抜メンバーが卒業を迎え、新たなAKB48がここから動きだす!投票シリアルナンバーカードを封入、毎年鉄板のAKB48夏ソングを収録したシングル。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事