■芸能|帽子禁止でアイドルファンに戸惑い 

スポンサーリンク

アイドル握手会で帽子着用禁止に一部のファンが反発か

f45ede08
℃-ute(キュート)

もうアイドルファンをやめるという声も!?

℃-ute握手会で「帽子着用禁止」に反発の声 「ハゲにけんか売るのか」「おでこ広いからヤダ、もうヲタやめる」
http://www.j-cast.com/2014/06/18208007.html?p=2

AKB48の握手会事件以後、各アイドルグループはその対策に頭を悩ませているようである。そのような背景のなかで、「℃-ute(キュート)」というハロプロ所属のアイドルグループでは、握手会での帽子着用を禁止にした。帽子に凶器を隠し持ってるかもしれないということか。

これにファンの間では戸惑いの声が多数上がっているそうである。なかには、もうファンをやめるという声もあるそうだ。どうしてそんなことになったか。それは帽子がハゲ隠しであったからである。ハゲてる頭を好きなアイドルに晒したくないということである。頭髪の薄い人(ハゲのソフト表現)にとっては、帽子はもはや人体の一部と化しているのだろう。

いやはや、たかが帽子と思うなかれ、かれらにとっては重要なアイテムなのである。かくゆう当該ユーザーもときどき帽子は被っている。いわゆるハット帽であるが、ただし禿げてはいない。これは、間違いない。繰り返すが、多少薄いかもしれないが禿げてはいない。

それはさておき、アイドルファン(オタク)にはハゲとオッサンが多いそうである。当該ユーザーは、現場を見た事がないので噂レベルの信憑性には何とも言い難いが、しかし、あながち嘘ではないかもしれない。何故なら、それに反論したという記事はまだ目にしていないからである。

アイドルグループの運営者は、握手会の現場で帽子着用率の高さに気が付かなかったのであろうか。想像力を働かせれば、何故、帽子を被るか。その理由も分かったはずである。ファン=なかでも頭髪の薄い人(毛髪のない人含む)たちを敵に回すのは、アイドルグループの存亡の危機と言っても過言ではない。

img4b9f7425zikdzj
これは当事者ではない、イメージです。トレンディーエンジェルの二人!

そこで提案!「カツラを推奨する」

ハゲ(頭髪の薄い人と無い人)とオッサンがアイドルを支えている。これは間違いない、たぶん。そこで、当該ユーザーはひとつの提案をしたい。

それは、帽子着用禁止はそのままとして、ハゲの人にはパーティー用カツラ着用を認めるのである。いかがだろうか。赤や青、ピンクや紫のカツラを被ったファンが大勢ともなれば、さぞ現場は彩り豊かとなり盛り上がるに違いない。

またアイドルグループの話題性にも繋がるかも知れない。ハゲとオッサンが揃いも揃ってピンクやその他派手な色のカツラ被って集まっている。なんて想像しただけで面白そうである。もっとも、あんまり参加したいとは思わないが。

いずれにしろ、熱い想いを抱いたファンをおろそかにしては、きっとアイドルに罰が当たるに違いない。運営側には何らかの対処を期待したい。なお、当該ユーザーは、アイドルファンではない。ハゲのアイドルファンの健気な気持ちに打たれてこの文章を書いたに過ぎない。いやはや。

以下は、握手会で帽子着用が禁止になったことにショックを受けたあるファンが、アイドルのブログに綴った文章である。ご覧あれ、涙、涙の告白である。

℃-ute(キュート)のブログに掲載されたコメント!

「舞美(メンバーの矢島舞美さん)、悲しいお知らせがありますー僕舞美と、お別れしますー理由は察してねーいっとくけど、ハゲてはないよーおでこめちゃくちゃ広くてさ、あんまり舞美に見せたくないのだ、だって舞美イケメン好きじゃん、個別でかぶっていいならー今回見せようと思ったんだけどさーなんか、絶対にかぶってはいけないみたいーもーさー、僕、これを機会におたそつするよー舞美と、別れるの、めちゃくちゃつらいし、悲しくて、涙止まりませんしーイベントだけ出なくて、コンサートとか、参加しようか悩んだけどさーやっぱり、ここは、さっと未練たちきって、オタク止めることにしましたーあの事務所鬼だねー帽子くらい、いいじゃんーこんなことで、舞美と別れるの、本当に悲しいー(後略)」

かれは、おでこが広いだけと言ってますが、たぶんハゲてるに違いない。元のおでこがどこだったか記憶から消したのだろう。だからといってかれを責めるつもりは毛頭ない。なんて、純粋なハゲなのだろうと思うだけである。実に良い話だ。きっと映画化されるに違いない。タイトルは「ピュアな心を持ったハゲ」である。

かれが、なんとかファンをやめる事無く、安心して握手会に行けるようになることを願って止みません。

追記、ハゲというのは差別用語だったかどうか、よく理解しないで連発してしまった。不快な思いをした方には申し訳ないと思います。しかし当該ユーザーは、かれらを擁護するつもりでこれを書きました。ご了承ください。

現在の音楽業界はかれらによって支えられているし、また日本の経済にも貢献しているに違いない。いや、これは多少オーバーだっかもしれない。

<BEAMS/ペーパー 中折れハット>
BEAMS(ビームス) ブランドストーリー
「BEAMS MEN」は、“いま着たい服”をテーマに、着心地の良いメンズウェアをジャンルを超えたセレクションで提案しています。

(ビームス) BEAMS BEAMS / ペーパー 中折れハット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事