■社会|テレビを信じるな それは本当だった?

スポンサーリンク

何をいまさらであるが、いやはやである

e242a040

元アナが告白する「テレビの嘘は当たり前」である!

関連記事:テレビのやらせ批判は間違い?その実態と生まれるカラクリ 情報番組で横行するステマ http://news.livedoor.com/article/detail/9038844/

長谷川某氏という元フジテレビのアナウンサーが、テレビの「やらせ」「ステマ」についてそんなのは当然であると書いていた。かれは、テレビ擁護の立場でこれを書いたようである。つまりテレビも商売だから利益になることなら何でもやるということである。しかし、その内容には疑問が多々ある次第である。

はじめに、テレビ(とくに地上波)事業には、一般の企業のような自由競争の原理はまったく無いに等しい。なにしろ、ごく限られた会社にしか許されていない免許制である。これを念頭において以下の文章を書きました。

いまさらテレビに真実を求めるのは寓の骨頂か。そんな思いが、かれの文章を読んで強くなったのであった。長谷川某氏(元フジテレビ)が言うには、バラエティーのみならず、報道、その他すべての番組にはスポンサー(民放の場合)がいることから、立場が中立で有る訳がないそうである。

これにはもっともとは思うが、何か釈然としない。また、テレビの現場の「やらせ」は、視聴者を楽しませる目的の結果としている。であるならば、番組の放送前にこの番組は「すべて創作(いわば嘘)されたものです」と断ってから放送すればいいのではないか。しかし、それではせっかく趣向を凝らした「やらせ」が功を成さないので視聴者が楽しめないとテレビ制作側は言うだろう。

要するにテレビは、「やらせ」をはじめから言うつもりはないようだ。バレたときだけ対処すればよい、そのように感じるが如何に。関係者たちは、概ねこの長谷川某氏と同じ考えであろう。さらに、バラエティー担当者なら「暗黙の了解」が視聴者にあるはずと豪語するかもしれない。

しかし、バラエティーはいまだに「これは嘘だぴょーん」とは、表明していないはずだ。違うか。ましてや誰も「了解」などしていないはずだ。

もうひとつの問題「ステマ」である。これも「やらせ」と同じく事実の如く装っていることが問題である。テレビの「ステマ」はある意味では「やらせ」より悪質かもしれない。なんせ広告とは知らせずに、台本どおりに出演者たちが商品またはサービスを褒めたたえるのである。これは、一般には詐欺というのではないか。違ったか。

何故なら、消費者が商品購入の基準である「安心、安全、信用」を偽装しているとしか思えないのである。

したがって、テレビの「ステマ」は禁止にしたほうがいいと思うが、如何に。さらに言えば、芸能人たちのサイドビジネスを番組内で宣伝するのも禁止にすべきである。芸能人はテレビを職場とは考えていないのか。それともテレビはオレたちのものと考えているかである。

一般的な会社では、職場内でサイドビジネスをしていることを公言し宣伝でもしようものなら大顰蹙ものである。しかも、首になるかもしれない。

芸能人は特権階級か、そう思うしか無い。いやはや。これもテレビがちやほやしたせいか。いや、もとからそうであったか。とにかく芸能人もテレビ局と同じムジナであった。これは間違いない。たぶん。

長谷川なんとかさんは、テレビも商売であるから利益を考える。端的には、そのように言っている。しかし、冒頭で書いたようにテレビは免許制であり、限られた会社しか参入できない仕組みがある。それを考慮すると、例え民間でも半公共性が求められると思うが違うか。

何をしても許されるとしたら大間違いだ。何故なら、放送局の免許を取り消す制度?がないからである。たぶん性善説に基づいて免許は交付されたはずである。悪い事はしない、反社とはつき合わないとか、それこそ暗黙の了解事項である。たぶん。

しかし、半公共性が求められるテレビ局は、怪しいタレントや詐欺まがいのスピリチュアルなどをこれでもかと宣伝して回ったのは記憶に新しいことである。韓流もまたしかりである。それらに対し一般視聴者から批判がなければ、その後もずーと放送したのでないか。そこにあるのは悪意である。引っかかるのは視聴者が悪いというテレビそのものの姿勢が垣間みられる。

ちなみに、この長谷川某氏は、フジテレビからお金を普通でない方法で自分のものにしたとか、要するに横領で解雇(または話し合いで自己都合)になったのではなかったか。お金は返したのか、それとも無実だったのか。いつしか、それに関する報道はなくなったようだが、如何に。

いつの間にかメディアに復活しているが、そこに何があったのか。なにか怪しい。

以下は、リンクした記事に寄せられた某掲示板のコメントから

…………………………………………….
まじで?やらせなの?

一般人が出るやつもやらせなの?

…………………………………………….
だったらフィクションですって書いとけ

…………………………………………….
この作文のどこがニュースですか?>影のたけし軍団ρ ★

…………………………………………….
単なる作り手の理論
そんなもの視聴者に関係ない

…………………………………………….
それ言ったらお終い

…………………………………………….
やらせが問題なのではなく、その手法を問題視されるんだろ

動物虐待とか
さすがウジテレビ、相変わらずなにもわかってない

…………………………………………….
言ってることはごもっとも。
でもそれを、さもガチであるかのように放送するから批判されるんだろ

…………………………………………….
ニュースでさえ、やらせだからなw

…………………………………………….
ヤラセ(演出)が全てダメって事は無いけどホコタテみたいな番組ではしてほしくないな

…………………………………………….
嫌だから見てません。

…………………………………………….
ネトウヨ「恋のから騒ぎだけはガチ」w

…………………………………………….
横領金返せよ

…………………………………………….
それ言っちゃったらドリルと超硬合金の会社の人、気の毒だと思うなあ。

…………………………………………….
街頭インタビューは、バラエティーなのね

…………………………………………….
完全に開き直りじゃねえか。

…………………………………………….
ネトウヨ困惑www

…………………………………………….
ニュースもやらせ
事件事故もやらせ

…………………………………………….

<テレビの嘘を見破る (新潮新書)>
視聴者を引きつけようと作り手が繰り出す、見せるための演出、やむを得ない工夫。いったいどこまでが事実で、どこからが虚構なのか?
さまざまな嘘の実例を繙くことで明らかになる、テレビ的「事実」のつくられ方!

テレビの嘘を見破る (新潮新書)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事