■音楽|ガガ様、ドンキホーテの陳列と化す

スポンサーリンク

いやはや、流石ガガ様である!

0
Lady Gaga Instagramより
ガガ様とドンキが、何故か調和する。

現在、来日中のレディー・ガガ様が、ドンキホーテを訪れた際に撮ったものが、彼女のインスタグラムで公開されていた。そこでのガガ様は、なんとドンキホーテの陳列(アマゾン陳列)に同化したかの如くの様相である。なんだか着ているものまでが、実にドンキ的である。これは、ブランドものなのか。それは知る由もないが、まことにガガ様らしい。

常識を遥かに超えて、どこまでも我が道(未知)をゆく。そんなガガ様の姿勢は、クリエイターの鏡か。いやー、クリエイターはこうでなくちゃね。これには、あっぱれと言っておこう!

今回もまた、来日の際の衣装がすごい。なんでもシースルーで貝殻ビキニのようなものを着けていたとか。武田久美子もびっくらの衣装である。しかも、なんの違和感もないところが、彼女らしい。流石としか言いようがない。

news2273265_6
空港でのガガ様、この衣装で堂々とした姿勢が素晴らしい!
写真:news.tbs.co.jpより


Lady Gaga – G.U.Y. – An ARTPOP これは、2013年に発売された曲か。

8/13の千葉・マリンスタジアムの公演では、なんと全裸生着替えをステージ上でしてみせたとそうである。なんで、また生着替え?と思うが、そこはガガ様であり常識が通じる訳が無い。なにか、理由があるに違いない。

それはさておき、彼女のステージは凝りすぎてお金が掛かりよく赤字になるとか、何かの記事で読んだ記憶があるが。今回のステージはどんな具合なのだろうか。上の写真にガガ様と一緒に移っているマネージャーらしき人物のなんとも渋い表情からして、今回のステージもお金が掛かりすぎたか。それは知る由もないが、ガガ様のサービス精神が豊かであることは間違いない。

<ARTPOP /レディー・ガガ>
アルバムタイトルは常に時代を切り拓くガガにふさわしいタイトル。

ARTPOP

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事