■音楽|MELON 中西俊夫の音楽感性が迸る

スポンサーリンク

いまさらだが、その音楽感性は素晴らしい!


Melon – Do the Pithecan/Happy Age

鋭角的な感性が光る

1981年に元プラスチックスの中西敏夫と、彼女であるチカ(後に奥さん)さんを中心に結成されたのが、MELON(メロン)であった。ちなみに、82年には派生プロジェクトとしてウォーターメロン・グループというのも結成された。この違いは、残念ながらよく理解していない。あしからず。

中西敏夫は、80年代のニューウェーブ・シーンを盛り上げた功労者といえる。しかし、その音楽性の豊かさとは裏腹に一般にはあまり浸透しなかった。テクノではYMOがあれほど受けたのに関わらず、かれの音楽はヒットとはあまり関係なく、一部の先端好きの音楽愛好家に受けただけであった。

そんなこともあって、いまでは伝説的な部類に属すのかもしれない。いわゆる、知る人ぞ知るという部類ではないか。

たしか70年代後半に、コテコテのテクノでデビューしたプラスチックスは、その音楽性とファッション性からカタカナ職業人に大受けした。違ったか。たしか、ファッション関係、美容師、デザイナーなどに人気があったはずである。

プラスチックスは、いまでは伝説的なバンドとなったが、当時はなんだかバイト感覚で、本気でやってるとは思えなかった。そのぐらい軽い感じがしたもんである。だいたいメンバーの多くが、音楽家ではなく余技としてはじまったはずだ。

中西俊夫は、本業はたしかイラストレーターであった。チカはスタイリスト。立花ハジメはデザイナーであった、かれは後にADC賞を受賞した。佐久間正英は、唯一の音楽家であったか。後に音楽プロデューサーになり、多くのバンドを育てた。島武美は、後に作詞家になっている。

始まりがそんな具合だから、当然長くは続かないと思った。そして、そのとおりあっという間に解散した。解散の理由は、個々違うようだが中西敏夫は続けたがっていたとか。しかし、他のメンバーは海外でコンサートした際に感じた力量の差にこれ以上続けられないと思ったようである。

たしか、立花ハジメだったと思うが、どこかでそう語っていたはずだ。

その後、時を経ずして中西は、メロンを結成している。同じ頃に桑原茂一と出会い、日本にこれまでなかったクラブを作り上げた。それが「ピテカントロプス・エレクトス」であった。これは、82年から84年頃まで原宿にあった。

メロンの活動場所は、このピテカンというクラブが中心となった。当該ユーザーも一度だけ、このピテカンでメロンに遭遇した記憶がある。しかし、そのときどんな音楽を演奏していたかはもう覚えていない。まことに残念である。

中西俊夫には、何か独特のカリスマ性があったように思う。理論ではなくおのれの感性のおもむくままに従って音楽を作り上げた。そんな雰囲気が濃厚に漂っていた。感性の人=中西俊夫、これは如何にも80年代的であった。

かれは80年代を疾走した後、90年代にはイギリスへ移住してしまう。この頃からかれの名前を聞く事はあまりなくなった。2000年代に入ってから日本に戻ったそうである。現在は日本にいるらしい。そして相変わらず音楽をやっているとか。

ちなみに、現在はクラブ音楽を中心としたプロデューサーだそうである。ちなみに、チカさんとは離婚し、その後別の女性と再婚している。

以下は、中西俊夫の自伝!!

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】
ジャンルと場所を超え、音楽とファッションの最先端をぷかぷかと浮かび続ける未確認飛行物体・中西俊夫が語るスペース・オディティ。
プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】

<余談として>
中西俊夫は、たしかペーター佐藤氏の事務所に在籍していたはずだ。そのように何かで紹介されていたのを覚えている。佐藤氏は、有名な売れっ子イラストレーターで、いわゆるファッション・イラストレーターと言われていた。

事務所は原宿の表通りから外れた住宅街にある一軒家であった。実は、当該ユーザーは一度だけ訪れたことがある。某出版社の編集者に紹介されたのである。なんでも、その家は60年代に活躍したイラストレーター伊坂芳太郎と関係があるとか聞いた。

中西俊夫も、佐藤氏の関係か知らないが、ファッションブランドにイラストを提供していた。たしかメンズビギのTシャツなどにかれの絵が使われていた。その他、若者向けの雑誌にもイラストを描いていたのを覚えている。

しかし、正直なところ、かれのイラストをうまいとは思わなかった。音楽ほどはその感性を表現できていないように感じた次第である。あしからず。

当サイト関連記事:■80年代|時代の徒花、ニューウェーブ

PLASTICS中西俊夫、食道がんのため61歳で逝去
かねてから食道がんのため闘病中だった中西俊夫(PLASTICS)が、昨日2月25日に逝去した。61歳だった。

1956年生まれの中西は、1976年にPLASTICSを結成し、1979年にデビュー。同グループ解散後も精力的に活動していた。

2016年にはPLASTICSの結成40周年を記念して、再結成ライブが行われた。

残念です。ご冥福をお祈りいたします。

ピテカントロプスの逆襲
元プラスティックスの中西俊夫と佐藤チカが結成したメロン、ウォーター・メロンをフィーチャーした83年の作品。曲間にギャグが入る構成ではあるものの、ギャグよりも音楽の方に比重が置かれている。
Ebn4

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事