■社会|ロリコンと20代男性の関係式

スポンサーリンク

20代男性の57%がロリコン!(全体=25%)

lolita

若者とロリコンの関係式

某調査会社が行ったアンケート結果によると、20代男性の57%がロリコンだそうである。ちなみに、全体では25%となっている。何故、20代男性のロリコンが突出しているか。それは、どうやら最近の社会事情が影響しているらしい。(アンケート調査対象者数=239人)

それにしても調査対象が239人では少ない様に思うが、如何に。統計学上ではそれでも特に問題ないのだろうか。とにかく、その信憑性はさておき、一定の方向性は示していると思われる。たぶん。

ロリコン(ロリータ・コンプレックス)とは、12歳ぐらいまでの幼い少女が好きな男性の性的趣向性を意味している。多少年齢を拡大しても15歳ぐらいまでが対象と思われる。ナボコフの小説「ロリータ」で一般に知られる様になった。(1962年、キューブリック監督により映画化されている)

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」もその範疇であり、また宮崎駿もその作品に登場する少女像からそうではないかと噂される。世の中にはけっこうその手の愛好家?は多いようである。かつてロリコンといえば、おじさん以上の世代特有の現象かと思われた。違うか。

それが最近ではなんと20代の半数以上が、その範疇にあるとは意外である。かれら若者には旬の女性が周りにたくさんいるというのに、何故ロリコンか。

アンケートに答えた20代男性によると、それには切実な理由があるとか。

どうやら昨今の男女関係の有り様に関係があるとか。とにかく、だいぶ前から20代男子の職業環境が悪化しているのは、いまさら言うまでもないことである。また、草食系男子とかいう女性に控えめ、悪く言えば奥手の男子も増えている。

ロリコン20代男子のつぶやき、

「10代だったら同年代と付き合ってもロリコンじゃないし、30代でリア充な人たちはもう結婚しているのでロリコンにはならない。さらに20代の女子は相当ブスでもない限り、オタサーの姫ですら誰かしら男性と付き合ったことがあるのが普通。僕たちみたいな女性経験がまったくない食物連鎖の底辺にいるような男子は、ロリコンになるしかないんですよ。ほっといてください」

20代男性の57%がロリコンと判明 /ロリコン男性「ほっといてください」より

そのような背景のなかで20代になっても、なお女性経験なしの男子が深く、静かに増殖中である。若くていまが旬な女性は、ひとにぎりのリア充男子に群がっている。それに対して、職業不安定、草食系、女性経験なしの非リア充男子は、好むと好まぬとに関わらずいつしかロリコンになっていく。

という訳で、それが20代男子のロリコン増殖の理由らしい。

35e86f7e506c7295e6095634be17203a890e3e03.36.2.9.2

それはさておき、世の中の女性たちはロリコンを勘違いしている。それは何故かといえば、当該ユーザーが40歳過ぎの頃、20代前半の女性と交際していたことがある。なんと年の差は20歳ほどあった。そのとき知り合いの女性(同年齢ぐらい)などは、当方をロリコンと決めつけた。

ちょっとおねーさん。いやさ、おばさんよー。訂正します、熟女のみなさまへ。20歳過ぎてたら大人だろ、違うか。いくらなんでも、若けりゃなんでもロリコンか。これにはもの凄く疑問を感じていた次第である。

だいたい女性は、18歳過ぎたら大人といっても過言ではないと思うが、如何に。法的にも18歳以下には、規制された事項が多くある。例えば、淫行などもそうである。それも、18歳過ぎたら問題はないし、またキャバクラでも働けるのである。

ま、そのような個人的なことを思い出した次第である。
しかし、それにしても思うのは最近?の小学高学年の女子は、大人びていると感じる。これはいまさらか。

関連記事:20代男性の57%がロリコンと判明(しらべえ)
http://sirabee.com/2014/09/07/2502/

<自分はロリコンだと思う男性>
対象者:239人 調査日:2014/09/02〜09/03

10代=33%(10代でロリコンなのか)
20代=57%(ダントツのロリコン率、いやはや)
30代=36%(ロリコンがよく似合う?)
40代=11%(この世代以上は、もっとロリコン率が高いかと思った)
50代=12%(もっとも似合いそうだが、案外少ない失礼しました)

写真:キューブリック監督「ロリータ」より

<ロリータ(DVD)>
美しい少女に惹かれる中年教授の偏執的な愛を描いた、スタンリー・キューブリック監督が贈る衝撃のラブ・ドラマ。

ロリータ [DVD]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事