■芸能|芸能人に会ってみたいか 誰に?

スポンサーリンク

いまだ、擦れていない少女は言った。「芸能人に会いたい」と!

MIA26-MIA27a

芸能人に会いたい!

連休の合間、某所で見知らぬ少女達の会話を耳にした。彼女達は、部活の帰りらしくジャージ姿にスポーツバックを肩から下げていた。たぶん、中学生だろう。何故なら、高校生にしては幼過ぎた。

そんな彼女達とすれ違い様にあるフレーズが耳に飛び込んだ。会話の前後は分からない。しかし、ある言葉だけが残った。それが、次の言葉であった。

「一度で良いから、芸能人に会いたい」、そう彼女達のひとりは言っていた。

ムムッ、それはどういうことか!?と当該ユーザーはそのとき感じていた。何故?、芸能人に会いたいのか。いや、それよりも、それが歌手ならコンサートに行けば会えるだろうに。俳優なら、ファンクラブにでも入ってファンの集いにでも行けば良いはずではないか。

そのように疑問が湧いていた。しかし、想像するにその言葉の意味するものは、違うのだろう。たぶん「もっと身近で会いたい」ということではなかったか。要するに二人で会うとかである。それなら理解できる。

しかし、なんでこれが気になったかである。それは、彼女達の親と同世代(たぶんそれ以上)であることから、親心として心配になったか。それも無きにしも非ずであるが、それだけではない。

情報化社会の現代に生きる少女達が、いまだに芸能人に憧れを抱いていることである。それは、ネットなどない当該ユーザーがガキだった頃とちっとも変わらないではないか。時代は変わり、情報化が進展し誰でもある程度の知識を共有できる環境にある。それが現代である。

それでもなお、芸能人に憧れる。それは時代は変われども、永遠に変わらぬ少女達の定めでもあるのか。そのように感じるが、如何に。

それにしても少女の会いたい芸能人は誰であろうか。やはりジャニーズか。それなら嵐か、関ジャニか。間違ってもスマップではないだろうし、TOKIOは問題外だろう。

何故なら、スマップもTOKIOも中年だからである。だいたい中年のアイドルって何だよ。いつから、アイドルの年齢幅が拡大したのか。だいたい、オーバー30(近頃は、40歳でも)はアイドルとは言えない。違うか。少なくともおじさんは認めたくない。

若干話が逸れたが、とにかくすれ違った少女は、芸能人に会いたいそうである。それが、アイドルであるかは分からない。アイドルだろうと決めつけるのは、おじさんの妄想である。

ちなみに、おじさん世代はなんでも決めつけるのが好きである。それが、何故なのかは分からない。というか考えたくないのだ。たぶん。

それはさておき、いくらネットが進展し情報が共有できたとしても、そこで得た知識が人を変えるとはなかなかいかないようだ。人の根源的な部分は、情報化とは関係なく変わらないのかもしれない。

思いを巡らしてみれば、若い女性はアイドルが好きであるし、同じく男もアイドルが好きである。(もちろん、そうでない人もいる)これは、ここ何十年、いやもっとずーと昔から古今東西の歴史をひも解いても同じかもしれない。

芸能人に会いたいという言葉に、いまどきに?と感じたのは自分自身が情報化の波に飲まれてる証だったか。ある意味では傲慢であったと思うに至りました。

たぶん、情報化の現代で芸能に憧れるのは愚かである。そういう寓にもつかない思い込みが自分にあったせいである。いやはや。

偶然すれ違った、見ず知らずの少女よ。芸能人に会えるといいね。そのように想ういまのあなた自身を大切にしてくれることを祈ります。

きみの瞳に乾杯!(これは余分だったか)

冒頭写真:アディダスのジャージ

<アディダス・オリジナルス/ジャージ(EUROPA TT)>
アディダス オリジナルス(adidas originals)のジャージ(EUROPA TT)。オリジナルスの「ヨーロッパ・トラックトップ」が復活!この70年代のスタイルは、立ち襟やスリムなフィット感、そしてレトロ感をぐんと高めるヨーロッパお馴染みのピケの生地を採用している。

アディダス オリジナルス(adidas originals) ジャージ(EUROPA TT)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事