■芸能|指原莉乃の滝行、エリカ様のドラマ近況

スポンサーリンク

指原さん、お約束の滝行をCMで披露する!

転んでも只では起きないアイドルの本領発揮か

さすが指原さんだ。これは嫌みではない、心からそう思う次第である。AKB総選挙で2位となった彼女は、滝に打たれて修行すると約束した。しかし、なかなかそれは実現しなかった。

もう忘れかけていたが、いつの間にかCMとタイアップして滝行をしていたとは、いやはや、転んでも只では起きない本領を発揮である。

総選挙2位という結果も、いまでは立派なネタにしてしまった。これは、そんじょそこらのアイドルに出来る芸当ではない。何が、彼女をそう仕向けるのか。それは知る由もないが、このままゆくとぶっちぎりの前代未聞のアイドルになるかもしれない。

そのように改めて感じる次第である。指原莉乃おそるべし。(なお、あまり真に受けないでください)

ただし、前代未聞のアイドルとはいっても王道のそれではないことははっきりしている。如何せん、可愛く無いし、歌もダンスも特に上手でもないし、さらに演技も同じくである。足が綺麗と言われるが、そんなの言われなければ気が付きゃしない。

しかし、彼女はそんなことは関係ないとばかりに、バラエティーでは当意即妙な受け答えをして関係者や一部ファンに大受けのようである。ちなみに何故、関係者や一部ファンかというと、彼女は関係者受けはいいが一般大衆にどれだけ指示されているか疑問である。

それが証拠に彼女主演の映画は、大コケしたことは記憶に新しい。

それはさておき、要するに笑いを取る事、それが彼女に課せられたアイドルとしての使命である。そんなアイドルは、これまでいなかったに違いない。というか必要ではなかったはずだ。

ずーと前のアイドルは、夢見る乙女であり、人形のように可憐で、愛しくなる存在であった。(違うような気もするが、まーいいか)しかし、そんなことは彼女には望むべくも無い。なんせ、自分のあそこの毛をいっちゃいましたなどと告白するぐらいである。

夢はおろか、可憐でもないし、とても愛しくなるアイドルとも思えない。

そんな指原さんが、約束を果たした滝行である。これはCMのなかで行われたが、それを最初から目論んでいたかのように違和感が感じられない。CMの演出家がうまいのか、指原さんが何でも自分に引き寄せる能力があるか。そのどちらかだろうと思う。

一位になりたいと叫ぶ彼女は、それが本音なのかネタなのか判別しにくい。そこを承知の上でこのCMを企画したプランナーは優秀である。たぶん、電通のなんとか言う人だろう、名前は忘れた。(適当ですみません)

指原さんのおそるべし所行は、CM会見の場でも発揮された。来年の総選挙でも1位になれなかったらどうするか?と問われた彼女は、「CMになるような修行をします」という趣旨のコメントをした。

どうやら今回のCMで味を占めたようである。果たして二度目の修行CMはあるか否や。来年に乞うご期待である。

しかし、来年も彼女の人気が続いているかどうかである。それは心配いらないか、なにしろしぶとさではアイドル界で群を抜く指原さんである。よほどのスキャンダルでもない限り、AKB卒業までこのまま突っ走りそうである。違うか。

とにかく、今後も指原流の唯我独尊でアイドル界の概念をぶち壊してくれることを期待したい!と思う次第である。

追記、ごく最近であるが、彼女のSNS(ツィッター)にかなりエロい内容の書き込みがあったそうである。ここに書くのも憚れるような内容である。それに対し彼女は、冷静に誤字を指摘して返したとか。(莉乃の字が違っていた)

これが本当(仕掛けなし)であれば、彼女は男前としか言いようがない。

沢尻エリカ「ファーストクラス2」が危うい

エリカ様が久しぶりにドラマ主演して好評を博したのが、「ファーストクラス」であった。マウンティング女子なるワードも話題となった。その話題性が消えないうちにと思ったのか知らないが、ドラマ終了から僅か4ヶ月ほどで「ファーストクラス2」(たしか10月15日)が登場した。

ファーストクラス2

当初から彼女を好意的に見ているファン層は、「ファーストクラス2」には懐疑的であった。何故なら、出演する女優陣はエリカ様以外はすべて入れ替わり、ドラマの設定も異なるからである。

前回の「ファーストクラス」では、エリカ様以外の女優陣も役に嵌っていて見所もあった。それが好評となった要因でもあった。

しかし、新たなドラマの設定は苦肉の策としか思えず、時間のないなかで辻褄合わせが進行中ではないかと想像される。それが功を成せばいいが、やはり時間がなかったか。どこかでボタンの掛け違えをしたかである。

想像した通り、やはり視聴率は芳しくないようである。深夜帯に放送した前回より悪いとか。ちなみに当該ユーザーは、まだ一度しか観ていない。エリカ様見たさに久しぶりにテレビを付けたが、最期まで観る事無く消してしまった。

一言で言えば中途半端なドラマであった。コメディなのか、業界暴露物なのか、成り上がり物語なのか、それがどれにも当てはまらない。いや、すべての融合だと関係者は言うかもしれない。しかし、それが中途半端というものではないか。

今更であるが、沢尻エリカは映画に専念した方がいいと感じる。彼女の持っているゴージャス感はテレビには勿体ない。映画のスクリーンにこそ映えるものだと思う。違うだろうか。

ところで彼女に映画のオファーはないのだろうか。テレビはいいから映画に出てくださいと切に願う。個人的には、いつでも見に行きたいと思っています。

とにかく、今回のドラマは危うい。それはフジテレビのせいか。F1層を意識するあまり、古い体質のままドラマを作ってるとしか思えない。この程度で視聴者は満足するはずだ。という奢りがまだ根強く残っていそうである。

もし、そうであれば視聴率の上がり目はないに違いない。

それにしても、もっとエリカ様にぴったりな題材はないものか。せっかくの逸材をもったいない話である。(なお、そう思うのは個人差があることは百も承知である)しかし、彼女のやる気さえあれば何とかなるだろう。とくに根拠は無いが、そう思うしかない。

エリカ様の新たな機会に期待したいと思う。

追記、冒頭のタイトルで「指原莉乃の滝行、エリカ様のドラマ近況」としましたが、エリカ様を指原さんのついでと捉えている訳ではないことをお断りしておきます。たまたま、思いつかなかっただけです。深い意味はありません。

<HKT48 アリーナツアー「可愛い子にはもっと旅をさせよ」海の中道海浜公園 (Blu-ray Disc3枚組)>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事