■社会|グーグルは、ターミネーターを開発するかもしれない

スポンサーリンク

ロボットに性格を移植する技術が開発された

ターミネーター01_mini

ターミネーター開発まであと僅かかもしれない?

「ターミネーター」といえば、ご存知シュワさんが演じたサイボーグが有名な映画である。そのサイボーグ(人間そっくりのロボット)は、強力な腕力も然ることながら頭脳も秀でていた。当然ながらコンピュータが搭載されていて、しかも判断能力もあるという具合であった。

ターミネーターの親玉もコンピュータである。その親玉のコンピュータは人間によって、自らで考えるコンピュータとして開発された。そして意思をもったコンピュータは、やがて人間を邪魔ものとして排除に掛かった、というのが映画「ターミネーター」の物語の骨子である。

グーグルが、ロボット技術の新しい分野を開拓したそうである。

死者も蘇らせるGoogleの「ロボットのクラウド性格カスタマイズ」特許

グーグルは、ロボットの性格をユーザーが自由に組み替えられ、クラウドにアップできる特許を取得した。生前の親族や著名人など、実際の人間の個性をロボットに載せることも考えられている。

まだ、自らで考えるところまでは行っていないが、性格を有する事ができるらしい。コンピュータ技術は日進月歩のスピードで進んでいる。それを考えると、自らで考えるコンピュータもいずれ登場するに違いない。

そのときはたして、コンピュータは何を考えるか。それが問題だ。

それは、人間の想像力の範囲内なのか。それともそれを超えるしろものなのか。興味深いが、反面ではこわい感じがする。やはり、ターミネーターの記憶があるせいか。しょせん映画、しかし、なんだかその世界が近そうと思わずにはいられない最近の状況である。違うか。

もし、コンピュータが自らで考えてしまうと人間は何をするのか。コンピュータの世話係にでもなって、ひたすらこき使われる。そんなことが起こっても不思議ではない。「オレ様の言う通りにしないと世界のあらゆるシステムを止めるぞ」と脅せば済む事だ。いやはや、まさにターミネーターの世界だ。

考える意思をもったコンピュータは、何を目標とするか。ターミネーターの世界では人間を排除していたが、その先に何を目指していたか不明である。

人間は、文化・文明をつくり上げてきた。コンピュータに、はたして文化・文明をつくることができるか。コンピュータ文化といわれるものは現在でもあるが、それは人間がつくりあげてきたものだ。

人間の手を借りずに、すべてをコンピュータ自身で考え、行動する。そのときに何が起きるか。または起きないか。

この問題提起は、映画「マトリクス」でも描かれたが、なんだかよく分からない結末だった。少なくとも当方は、理解したとはいえない。やはり、人間の想像を超えたところに、その帰結はあるのではないか。

いまのところ、そうとしか思えない。

おまけ|ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ

今更であるが、ターミネーターのドラマ版を観ました。「ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ」というもので、2008年〜09年に掛けてアメリカで放送されました。主人公は、サラ・コナーになっています。サラは、後の抵抗軍リーダーとなるジョン・コナーの母親である。

このドラマ版「ターミネーター」では、映画では描かれなかった部分が多くあり、なかなか興味深いものがあった。たとえば、コンピュータに考えることを人間がコーチをしていく様子が描かれる。そこでは、コンピュータは子供の様になんでも質問する。「なんで、そうなの?」「どうして?」という具合である。

残念ながら、このドラマ版はセカンドシーズンの視聴者が少なくて採算がとれないと判断され打ち切りとなった。したがって、終わり方も唐突でなんだか「マトリクス」とおなじく、意味不明な部分が解消されずに終わった感が否めない。

それでも、悪い出来ではなくけっこう面白いものであった。惜しむらくは、もう少し続けてストーリーを完結して欲しかったと思う。興味ある人はぜひご覧ください。いまなら、旧作だからレンタルでも僅かな出費で済むはずです。(探せばネットでも観れる)

このドラマでのターミネーターは、女性 (TOK715型) となっています。この女ターミネーターを演じたサマー・グローさんが、アンジェリーナ・ジョリーみたいで魅力的でした。ツンとした顔立ちと独特の雰囲気を漂わせた個性ある女優さんである。

主人公のサラを演じたのは、レナ・ヘディという女優さんで、最近では海外ドラマ「ゲームアンドスローン」に出演している。

このドラマ版を観たことで、「ターミネーター」映画版を含めて全制覇したことになりました。そして、今更ながら、ジェームス・キャメロンは目の付けどころが良かったなと思った次第です。

出来れば、ジェームス・キャメロン監督による「ターミネーター」の新作が観たいが、たしかキャメロン監督は権利を売ったかなんかしたはずだ。だから、もう無理かもしれない。

ターミネーター02_mini
ターミネーター役のサマー・グロー

ターミネーター(日本語吹替完全版)コレクターズ・ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事