■社会|NHKは、一刻も早く民営化してくれ

スポンサーリンク

どこまでも図々しい、国営放送の存在意義とは如何に

nhk001_mini

NHKが映らないアンテナが発明されたそうだ

NHKがまたやってくれました。「クローズアップ現代」という番組でやらせが発覚して問題となっている。NHKは、体質的に殿様体質だから、もう何を言っても馬の耳に念仏でしかないだろう。とにかく、国民から強制的に金を毟ることしか考えていないに違いない。果たして自らの存在意義を考えたことがあるのだろうか。

なんてことを思っていたら、「NHKが映らないアンテナ」が開発されたというニュースがあった。いやー、多くの国民が待っていたグッドニュースだ。しかし、これで放送法をくぐり抜けることができるかが問題だ。ただし、これは大きな風穴を開けることになるかもしれない。

とにかく、テレビがあれば強制的にNHKは、国民からお金を毟ることができるのが現状である。これに異を訴えるきっかけにはなるだろう。放送法は、国民をないがしろにしている。すべてはNHKありきでしか考えられていない。違うか。

国民には選択の自由があってしかるべきだ。なにもNHKの放送を国民が負担する必要性が、どこにあるか。民営化しても一向に問題はない。仮に国民が負担するとすれば、国民にはNHKの株式を発行すべきだ。そして利益は国民に還元しろ。

NHKの資本を支えているのは国民である。利益がでれば還元するのは、当たり前だ。それができなければ、そっこく解散するか、民営化を進めるべきと考える。NHKは国民からお金を取るばかりで、なんの還元もしていない。いや、番組を通して還元している?。そんなの当たり前過ぎて何の意味もないことだ。

そうではなく、利益がどこに行ってるかである。それが問題だ。

企業には収支があるように、いかにNHKといえど収支があるはずだ。その利益はなんのために使っているか、はっきりしろ。

とにかく、年々NHKの予算は膨らむばかりである。予算は、税金と受信料金である。ともに国民のお金だ。それで何をしているかといえば、職員は高給を育んで、さらに手厚い手当まで貰っている。民営放送局で高給だといわれるフジテレビより、実質的にはNHKの方がずーと待遇がいいそうだ。

なにしろ、元フジテレビ社員が言っているから間違いないだろう。

恥ずかしくないのか、NHKの職員達よ!もし、国民のために働いているとしたら、そっこく給料を削減しろ。いまの半分で十分だろう。

元フジテレビ長谷川豊アナ NHKの取材姿勢、バブル感覚を批判

「僕は前の職場で働いているとき、NHKの超の付くオレ様な取材姿勢や、有り余る金をベースにした恐ろしいほどのバブル感覚を目の当たりにし続けてきた」と体験談を書き始めた。

 NHKは現場に24時間契約している「真っ黒のピカピカに輝くハイヤー」で乗り付け、「取材現場を荒らして回る」のだという。具体的には長谷川アナが取材に訪れた家で、「この後に来るだろう民放のワイドショーや週刊誌は、私たちNHKと違って下品でくだらない質問をしてくるので、家に上げなくていいですよ」とNHK取材者が残していった暴言を聞かされた。

続きは以下に

長谷川豊アナがブログで8日、NHKの過去の取材姿勢について言及した。NHKの取材について「超の付くオレ様な姿勢」と指摘。ハイヤーで乗り付け、「取材現場を荒らして回る」と批判した

どうやらNHK様は、高給を育むだけでなく日頃の仕事中から待遇が違うようだ。取材には、ハイヤーを使うのは当たり前であり、弁当まで仕出しの高級なものしか食べないようである。さらに、取材する姿勢まで何様かと思う態度のようだ。

たぶん、国民を舐めているのだろう。オレ様達は国営放送様だ!文句あっかとも取れる所行である。いやはや。こんな放送局になんで国民はお金を貢がねばならないのだろう。どこか仕組みがおかしいとしか思えない。

NHKが図に乗って、PCや携帯からも金を毟ろうとしていたのは記憶に新しい。一旦は取り下げたが、忘れた頃にまた放送法に潜り込ませようとするに違いない。もう国民も黙っている場合ではない。これ以上のやりたい放題を許せる訳がない。

NHKが映らないアンテナの進展を切に願う次第だ。どこからか、横やりが入るだろうが、そのときは国民総出で応援した方がいいだろう。国鉄は民営化した、電電公社、郵政だっておなじく、専売公社だってそうだ。何故か、NHKだけは手つかずだ。これには、多くの国民がどうして?と思っているはずだ。

国会議員は、何をやってるか。何もしてないか?、何かNHKに借りでもあるのか。
なければ、すぐにでもNHK解体に向けた協議を進めて頂きたい。

早くしないとNHKは、代々木社屋の立て替えに何千億とか要求してくる。それはディズニーランドが建設できるぐらいの巨額(約3000億円といわれる)である。その資金が、当然税金であるのは言うまでもない。なんとかしてくれと切に願うばかりである。

ほんとに、もう、いらねーよ!NHKなんて。

受信料“拒否”可能に? 「NHKだけ映らないアンテナ」の波紋(日刊ゲンダイ)

今こそ、NHK民営化議論を盛り上げませんか(大関暁夫、ブロゴスより)

とりあえず、NHKはクローズアップ現代でぜひ「NHK問題、または民営化」をテーマして頂きたい。なんせ、「公益法人/改革の深い闇」という本を出版しているぐらいだから、出来ない訳はないよね。違うか。

裏表無く率直な意見をいう蛭子能収さんは、好きなテレビ局は?という質問に対して次のように答えている。「NHKは別格ですよ、王様です。 予算も視聴率も神経質にならなくて済むからか、余裕があるし、しがらみとか嫌なこともあまりないからかな。だから俺はNHKの仕事は好きですよ」、だそうです…。

そりゃそうだよね。なんてたって競争がないんだから。しかも自らで稼いだお金で製作してる訳でもない。予算もあってないようなもんだ。年末には予算消化の道路工事のごとく、予算が割り当てられてるんじゃないか。

あくまで想像であるが、あっても不思議ではない。あしからず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事