■芸能|芸能界は、いつも醜聞と合わせ鏡にある

スポンサーリンク

事実は、小説よりも奇なりか!?

01-Custom1_mini

密かに語られる芸能界の醜聞、その真実はいかに

芸能とスキャンダルは、宿命の様に重ね合っている。いつだって、どの時代でも芸能スキャンダルは世を騒がせてきた。海の向こうのハリウッドでは、映画草創期にはじまり、それはずーといまでも続いている。日本だって、負けてはいない。戦前、戦後と芸能界では多くの出来事が止まずに続いてきた。

最近の日本では、その根幹部分を赤裸々にまで明かす、ある筋の方々による情報の露呈が話題となっている。その内容は、日本の芸能界を仕切る芸能プロダクションに関係する出来事の数々である。それが事実かどうかは知る由もないが、少なくとも露呈したある筋の方々は、前述した芸能プロと深い関係にあったそうである。

したがって、その内容は概ね正確なところを露呈したと想像できる。しかし、まるで小説のようなその出来事は、信じるも信じないもあなた次第であるのは言うまでもない。それが、どんな内容なのかは、以下に簡略化して紹介いたします。

現在の日本で絶大なる影響力を有する芸能関係といえば、男性アイドルを多く輩出している例のJ社である。そしてもう一つあるのが、いわずと知れたB社である。このうち、B社に対しての醜聞が露呈されている。

芸能界のドンとして君臨する(芸能マスコミでそう言われている)この会社の社長は、昔々はあの浜田幸一氏の運転手であったとか。その後は、演歌歌手の事務所等でマネージャーなどをした後に独立し、現在の地位にまで上り詰めたようだ。

ちなみに、浜田幸一氏が昔々はやくざをしていたのは有名である。浜田氏のこわもてはそこに由来したものだった。それは、いまさら言うまでもない。

芸能界のドン誕生までの経緯

この社長が、芸能界で絶大なる権力を有するには、ある仕掛けがあった。それは、80年代後半から90年代に掛けて、反社勢力の頂点に君臨した大物の存在だ。その人物は、経済やくざの先駆けとしてバブル期には大きな影響力を発揮したと言われている。その人物が、社長の後ろ盾に付いたのであった。

そしてある仕掛けが考えられた。誰が中心となってそれを考えたのか。それは知らないが、実にうまく出来たものであり、また実行力もあった。

その仕掛け人たちは、反社の実力者とその関係者、芸能関係者(B社)とその周辺、そしてタレントを中心に、それを補佐するように代理店とテレビ局が絡んでいた。代理店とテレビ局は、芸能関係者によって、「飲ます、食わす、抱かす、袖の下」などで取り込まれていた。昔もいまもやることは変わらずである。

また、人間の欲望も変わらずともいえる。いやはや。

反社勢力は、企業経営者の「裏の顔」を探っていた。そして、ものの見事にそれに嵌まった企業経営者は、もはやそれから逃れられない。どんな裏の顔かといえば、女性関係や変態行為、収賄とかいうやつである。その証拠をがっつり掴んだが最後、それをネタに交渉ごとが始まる。まさに本領発揮の場である。

そして、「罠に落ちた企業」からは、芸能関係者に広告やテレビ出演の仕事などの依頼が舞い込むという具合である。さらに、その後には関係強化、または深化を図るために企業経営者やその側近にタレントが送り込まれる。そうすることで、もはやずぶずぶの関係から逃れられない仕組みを作りあげた。

これによって、芸能関係者は絶大なる権力を手にした。その後は、どんどんと手を広げていき現在の芸能界支配体制を構築した。

いまや、テレビ局や電通などもいわば一蓮托生の間柄にあり、芸能界はこれらの関係式の中から向け出すのは容易ではないところにある。とにかく、現在の日本の芸能界では、芸能関係者(B社)を代表に芸能連合体が組織化されているとか。

数社の事務所で構成された連合体で、テレビ局やマスコミに攻勢をかけるという具合である。これに太刀打ちできるマスコミは、いまのところないようだ。なんせ、テレビ局などは、タレントの出演がなければ番組が成り立たない。それを見越した連合体の仕組みは、実に巧妙である。

そんなこんなで、当初の反社実力者の思惑は成功した。しかし、その実力者は90年代後半に内部抗争の犠牲となっていた。その後は、誰がそのあとを次いだか。それは知る由もないが、誰かが後を次いだのは間違いない。

ここに書いた内容は、どれも以下のリンク先からの情報を元にしたものです。それが事実かどうかは知りませんが、誰もが知り得ることではないことは明らかである。繰り返しますが、信じるか、信じないかはあなた次第である。

日本の芸能界を独占する「五社会」の存在(大日本新政會)

この大日本新政會とは、詳しく説明するまでもないと思います。想像にお任せします。とにかく、この組織の会長は元はといえば、芸能関係者のごく近くにいたそうである。したがって、身内からの告白ともいえる。

昨今、何かと世間を騒がした元アイドルグループの一員は、企業やテレビ等の関係者に送り込まれたタレントの一人であったそうだ。

これには、最近になって芸能活動に復帰できた訳が理解できるような気がした。なんせ、その復帰には相当な力技が背景にちらほら伺えたからである。

ハリウッド・バビロンⅡ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事