■芸能|ブスで貧乳、それでもトップの指原さんは価値転換の旗手なのか

スポンサーリンク

57792776-s

やったね、指原さんトップ返り咲き!

これでいいのか、たぶんいいのだろう

■2015年AKB48総選挙、指原莉乃さんがぶっちぎりで1位に!

6月6日に行われたAKB48総選挙では、トップ3にはなんの波乱もなく速報どおりの結果となった。事前に行われたビッグデータによる分析の結果では、1位は指原さん(24万0279票)、2位が柏木さん(21万3586票)、3位が渡辺さん(16万2681票)という順位と票数をはじき出していた。

最終的には、それとほぼ同じ結果となった。実際の結果は以下のとおり。
総得票数は328万7736票。昨年の268万9427票より59万8309票の大幅増で過去最多となったようである。

1)指原莉乃 HKTチームH 194049票
2)柏木由紀 AKBチームB・NGT48 167183票
3)渡辺麻友 AKBチームB 165789票

4)高橋みなみ AKBチームA 137252票
5)松井珠理奈 SKEチームS・AKBチームK 105289票
6)山本 彩 NMBチームN・AKBチームK 97866票
7)宮脇咲良 HKTチームK4・AKBチームA 81422票

以下順位、AKB48第7回選抜総選挙(2015年)開票結果(スポニチ)

ブスで貧乳をネタにメディア露出が抜きんでいた指原さんが、2位以下を大きくぶっちぎってしまった。今年はあまりアンチ指原が叫ばれなかったのか、それほど話題にもなっていなかった。それが幸いしたか、それとも指原さんの実力の賜物なのか、それは知る由もないところである。

しかし、指原さんは、今年は内心では自信があったと語っている。それはこの一年の活動が裏付けとなっていたと思われる。1位の発表後に行われたスピーチでも、「自分で1年頑張ってきたことを評価されての1位だと信じています」と宣言している。やることはやってきた。それが評価されたことを率直に喜んでいるようだ。

ちなみに、当方も指原さんに1票入れたのは言うまでもない。いやはや。

 私はブスで貧乳でいい所は本当に少ないです。(ファンから声援)そんなことないよ?。ありがとうございますね。ふふふ。いいところのない私は開き直って2年前に1位になることができました。

 でも、その1位はスキャンダルからの大逆転、HKT48の立役者などAKBのストーリーに支えられての1位だと思っていました。

 いつか私もみんなみたいに指原莉乃として評価されたい。そう思っていました。グループには可愛いコがたくさんいます。今年はこんなに自分に自信のない指原が1位になることができました。

 全国の自分に自信のない皆さん、私のようにいじめられて引きこもりになって親に迷惑をたくさん掛けてしまったみなさん。陽の当たっていない皆さん、私はもう一度1位になることができました。

奇跡の1回ではなく、自分で1年頑張ってきたことを評価されての1位だと信じています。

さしこ スピーチ全文(スポニチ)

ここまでの道のりを考えれば、なるべきしてなったといえるだろう。4月には明治座で座長公演をして、直近ではセミヌードを披露してだめ押しをしている。トップへの返り咲きルートをまっしぐらといっていいかもしれない。


指原莉乃 総選挙後のインタビュー

5de2fbe3-s
AKBとかよく分からんが1位の子可愛いな!これなら納得だわ。(掲示板より)

そうそうそう、可愛いだろう!って違うじゃねーか、あん!?、しかし、面白い事いうねー、関心しました。(上の女性はだれだったか?、そうそう宮脇咲良さんでした)

7b72e2cc-s
こちらが、言うまでもなく本物です。

指原さんには、今年も中華圏からの投票がかなりあったようです。もっとも、その実態は知る由もありませんが、ウエイボーという中国のツイッターのようなものに以下のような投稿があったようです。どうやら、指原さんへの投票用紙の束のようです。その数は約7万とされていますが、実際はどんなもんでしょうか?。

32ce4ebd

しかし何故、中華圏でそれほどまでに人気があるのか不思議です。そんな熱いファンがいる一方では、「日本人はどうかしている」という意見も多くあるそうだ。それにしても、中華圏にまで賛否両論を巻き起こすとは、さすが指原さんというしかない。

とにかく、今後の更なるご健闘をお祈りいたします。

………
追記:「第7回AKB選抜総選挙」の開票特番の視聴率が、関東地区で18.8%だったそうである。ちなみに瞬間最高は番組終盤の午後9時43分に23.4%を記録したとか。不調のフジテレビとすれば、まあまあだったのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事