■時代と流行|魔都上海 1930年代

スポンサーリンク

36-shanghai_bund_mini
1930年頃の上海

上海のゴールデン・エイジ!

1930年代、上海は妖しげな魅力を放っていた

1920年〜30年代にかけての上海は、アジア最大の都市として繁栄していた。まさに黄金期にあった。文化の混在した独特の異国情緒を醸し出した、その都市構造は租界(外国人居留地)の影響によるところが大きい。

上海租界とは、アヘン戦争の代価としてイギリスが中国(当時の清王朝)から強制的に土地を獲得した1842年に誕生した。それ以後、アメリカ、フランス、そして日本も租界を定めた。そこでは、各国がそれぞれの法律を施し、文化、習慣を享受していた。

いい悪いは別として、その雰囲気を想像するだけで魅力的である。もちろん強制的に土地を剥奪された側は、それに憤ったことは当然である。それは当時の政治構造の成せる技としか言いようがないが….。

しかし、現在でも残る、バンド地区を中心とした多くの歴史的建造物はこの時代の賜物である。ネオ・ルネッサンス様式、ネオ・バロック様式、1920年代から1930年代にかけて流行したアール・デコ様式などの建築群は、現在では中華人民共和国政府によって保存建築に指定されている。

36-shanghai_bund_2_mini

Shanghai1920s_mini

文化混合の都市、上海

上海に限らずエキゾチックな佇まいとは、人を何かしら引き付ける要素を持っているようである。何故、異文化が混合すると独特の魅力を発するのか、それは興味が尽きない。香水が調合によって香りが決まるように、文化も調合によって、時に絶妙な雰囲気を作り出すようだ。上海はその見本のような文化混合がされた都市であった。

魔都上海と云われるように、当時の上海では、貿易、金融等の拠点として栄え、次々と摩天楼が建設されていた。

また、人々を楽しませる娯楽も豊富にあることから多くの外国人が訪れていた。1920年代のニューヨークのように上海でもジャズが流行していた。一方、都市の裏側では、麻薬や売春を取り仕切る上海ギャング青幇(ちんぱん)が暗躍していた。

さらに、中国国内の政治情勢も不穏な空気に包まれていた。このような華やかさとその裏側が暗ければ、より不思議な魅力を発するのが文化というものかも知れない。

img087a0e360wnetc_mini
最近のバンド地区

Peace_Hotel_mini
ピアースマンション/日本の阿片王・里見甫が住んでいたとか

070710043003_mini
ブロードウェイマンションホテル/中国語名:上海大厦

<阿片王・里見甫について>
里見は、元新聞記者であったが後に「満州報道通信社」の代表となる。やがて満州帝国高官の岸信介に頼まれて天津で阿片管理を始める。そして、日本軍の財政を支える重要な役割を担うようになった。その規模は巨大で、上海に拠点を置きペルシャから阿片を購入していた頃、その取引利益は現在の日本円にして約30兆円を超えたとか。

戦後は、その財産を多方面に提供したとされる。岸元首相もその一人といわれている。
阿片王―満州の夜と霧 (新潮文庫)

よみがえる、レトロシティ

アン・リー監督の「ラストコーション」という映画では、時代背景は少し後になるが、不穏な空気と独特の魅力を発する上海を堪能させてくれる。トニー・レオンが、日本が後押した汪兆銘(おうちょうめい)政権の側にいる人物の役を演じている。

また、抗日組織のスパイ役を文字通り体を張って演じたタン・ウェイが魅力的である。今回、上海を取り上げたのは、エキサイト・イズムというサイトがANAとタイアップして作った中国特集のサイトがとても魅力的だったからである。

それは、中国特集「上海よみがえる、レトロシティ。」である。たぶん2004年頃のものだと思うが確かではない。しかし、いまでもウェブ上では観れます。

お勧めは、このなかにある「レトロ建築、復興。」という写真をスライドで見せるコーナーがあります。これが、とてもエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。下記に、URLを貼付けましたから、ぜひご覧ください。

list_photo_2_1

<上海よみがえる、レトロシティ>
http://media.excite.co.jp/ism/extra/shanghai/

上海 朝の風景2011

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事