cragycloudの小説

く、くだらないと作者も思わずうなる、コミカル&ペーソスの世界にようこそ。とてもショートだからお時間は取らせません!

cragycloudの世界へようこそ!
06 社会/他

■社会|バブルの記憶2 虚構の繁栄

新市場主義は、何処へ! アベノミクスの推進により、新市場主義者がふたたび息を吹き返しそうである。規制緩和は必要と考えるが、間違った方向へ向かうのだけは勘弁してほしい。80年代以降の新市場主義の動きを、高橋乗宣著「世界恐慌の...
2016.03.31
06 社会/他

■社会|バブルの記憶 今、そこにある危機

アベノミクスは、何処へ!? 2013年、2%のインフレ目標、金融緩和の推進等が遂行されようとしています。現在の不況の起点となったのが、バブル崩壊である。この機会にあたり、バブル崩壊に至るまでの様々な出来事を、有森隆著「企業舎弟...
2016.03.31
09 NOKKO

■NOKKO|カラード それは進化か、変化か

それは、大胆な創造的破壊である! NOKKO|カラード NOKKOのソロアルバム4枚目(海外版含む)です。「カラード」のタイトル通りバラエティに富んでいます。多彩な切り口とでも云うか、ポップ、ロック、バラード、ラテン...
2016.03.31
09 NOKKO

■NOKKO|アイ・ウィル・キャッチ・ユー

アバンギャルドな感覚で一捻りした、新たな創造性! 先鋭的でアバンギャルドな仕上がりである! NOKKO2枚目のソロアルバムです。プロデュースは屋敷豪太に代わりテイ・トウワが担当しています。前作のハレルヤに続きクラブ系...
2016.03.31
09 NOKKO

■NOKKO|ハレルヤ[Hallelujya]初のソロアルバム

ここには時代を超えて、輝く生命力がある NOKKOの輝くクラブサウンドは、時代を先駆けていた! NOKKOは、80年代に独自の音楽感性を以て人気を得たロックバンド「レベッカ」のカリスマ的なボーカルであった。また、作詞...
2016.03.31
01 映画

■映画|2001年宇宙の旅 SF映画の記念碑!

「2001年宇宙の旅」は、SF映画の金字塔といわれて久しいが、いまだにこの映画を超える作品は現れていない。CG全盛の現在、いかに多額の費用を掛けても、なぜか宇宙の神秘性は薄れていくばかりで記憶にも残らない。 一方、「2001年...
2016.03.30
スポンサーリンク