スポンサーリンク

■芸能|恋愛禁止はネタである

何をいまさら、それは朝令暮改だ! 最近、秋元康がTBSラジオの番組のなかで次のように語った。恋愛禁止のルールについては「誤解を生むからもう言いたくない」とした上で、「恋愛禁止条例は一つのネタとしては歌にしたり言ったりはしているが、...

■80年代|80年代アンソロジー その5

80年代と云えば、何はなくともディスコである。そして、ボディコンであろう。それは、まさにバブルの申し子、狂い咲き誇るこの乱舞を見よ! 80年代アンソロジー、今回は「ディスコ」を取り上げます。ディスコは70年代から存在してい...

■80年代|80年代アンソロジー その4

ポスト・モダンな空気が蔓延した! バブル時代に建設された巨大博物館や美術館、モニュメントの数々。これらは、ローマ建築の如く後世に残るのか、否や。 80年代アンソロジー、今回は「ポスト・モダン建築」を中心に取り上げます...

■指原莉乃|タンスのゲン

やっぱり、ちょっとだけなのね! 好いんじゃない、指原さん! 「タンスのゲン」のCMをようやく観る事ができた。最近めっきりテレビ視聴の時間が少なくなり観る機会を逃していた様である。感想であるが、出来はまあ良いと思うので...

■芸能|TVの存亡の危機

テレビは見てはいけない (PHP新書) 空気を読め!と画一的な価値観を強制してくる最強の洗脳装置を前に、知らぬ間に自分の心が書き換えられる原理とは!! リンク先へは写真をクリック! テレビは、何処へ! テレビがつまん...

■映画|ヒミズ 不条理な出来事

ヒミズ ラスト・シーンの感動が胸を打つ!! 園子温監督作品 新たな旅立ちに向かって! ヒミズ|ストーリー 舞台は、東日本大震災後の東北のどこか。主人公の住田(染谷将太)は中学生、両親は離婚し貸しボート屋を営む母親と...

■書籍|赤い楯 広瀬隆著

謎の金融王ロスチャイルド! 赤い楯 広瀬隆著 18世紀、ドイツ・フランクフルトの片隅のユダヤ人ゲットーに一人の巨人が誕生した。“赤い楯”を家紋とするその金貸し業者の名は、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド。各国に散...

■指原莉乃|萌えーの 2

仁藤萌乃さん 萌乃ちゃんのおでこが魅力的です! 君の輝くおでこに幸あれ! まず、断っておくが今回は指原さんの話題は一切ありません。万が一、指原と云う事でこのページに辿り着いた方には謝ります。申し訳ないことである。上...

■NOKKO|オーイェー!

見上げる2月の空は、雨だった! ■NOKKO|Oh yeah 歌・作詞・作曲:NOKKO oh yeah 白いワイシャツの 胸のボタン 一つづつはずしていく あなたの手は ヴィーナスの朝陽に包まれ あたしは...

■指原莉乃|萌えーの

これが、萌えタンス!!タンスのゲンである。 リンク先へは写真をクリック! ホントは、バンジー飛べるんじゃない? タンスにゴンでなく、「タンスのゲン」だそうです! さて、待ちに待った指原さんの話題である。どうやらH...

■80年代|80年代アンソロジー その3

クラブシーンの夜明け!ジャワ原人 日本におけるクラブの元祖「ピテカントロプス・エレクトス」と、雑貨文化を開いた「アフタヌーンティー」ーー 80年代のエポックメイキングな事柄の続編です。今回は、「クラブ」と「雑貨」を取り上...

■NOKKO|ライミング・カフェ

♪ 軽いふりより、そのままで〜 NOKKO|ライミング・カフェ(Rhyming CAFE) NOKKOのソロ5枚目(海外版含む)の作品。比較的シンプルなバンドサウンドで統一したブリティッシュロック風味の作品となってい...

■80年代|80年代アンソロジー その2

ボディコンシャス、ボデコン? これが、ボデコンだ!かつてのものとは若干違うと思うが、ま、こんなもんだろう。いま、これを着ている女性は何処に行けば見れるのか?誰か教えて! <ボディコンとは> ボディラインに密着し女性特有...

スポンサーリンク