■デザインストア|夏だ!今年も暑いらしいぞ ハットしてグッドだ!

スポンサーリンク

ストローハットを被って、暑い夏を粋に過ごそう!

真夏の出来事は、もうやってこない

 2017年7月になった。今年も夏がやってきた。いやー、暑いぞ、すでに30度を超える日々が続いている。ところで若い人は男女ともに、この季節は血潮が滾ってくるはずだ。違うか。若い人と夏はよく似合う、男女の出会いもおなじく。

 一方、中高年のおじさんはどうかといえば、クソ暑いなかでぐったりとしている。体力と気力が年々衰えるなかで、クソ暑い夏は天敵だ。もはや夏とはいえ、血潮もたぎることもない。残念ながら…、まことに残念至極と言うしかない。

 あの「真夏の出来事」も遠くになりにけり…、「八月の濡れた砂」の青春の記憶も白く砕けた波とともに、とうの昔に消えてしまった。なにごとかが起こりそうな予感と、期待に満ち満ちていた日々は、もうもどらない。

 とにかく「二人のシーズン」が、どこかに消えてしまったのが悲しい。

 むかし、「八月はエロスの匂い」がしていた。いや、いまでもそうかもしれない。がしかし、中高年のおじさんには、もうそれを感じることができない。なぜなら、もう、クソ暑くてそれどころではないからだ。

 夏は、どーしてクソ暑いのか。なーんてことが暑くてボーとした頭を過る、そういえば地球の反対側では、今頃は冬のはずだ。おじさんは、暑いのも嫌だけど、寒いのも嫌だなー、なんて自分勝手に想うのだ。

 なーんて我が儘なんだ、とおじさんは自省するが、その一方では、だって仕方がない、どうせ中高年のおじさんなんだからと、悟りの境地にいるのだった。

 毎年夏が来るたびに、なんか違うぞーと感じていたのは、あの熱すぎる血潮が年々衰えてきたからに他ならない。沸沸と滾るものが限りなくないに等しい。

 失われたものの価値に気がついた頃には、もう時すでに遅し、時は人を待たずなのは自明の理なり、後悔の念も先にたたずもおなじく。

 というわけで、中高年の夏とは、いかに失われゆくものが、年々増えていくかを自問自答する季節であるといえる。いやはや。

 それはさておき、前置きはこれくらいにして、次からようやく本題に入ります。

<解説として>
真夏の出来事…1971年のヒット曲。三浦市の油壺を舞台に若い男女の揺れる恋の様子が描かれている。歌:平山三紀
八月の濡れた砂…1971年に公開された湘南を舞台にした青春映画。旧体制日活最後の作品となった。石川セリが歌う主題歌もヒットした。
二人のシーズン…1969年に大ヒットしたゾンビーズの楽曲である。
八月はエロスの匂い…1972年に公開された藤田敏八監督のエロス3部作のひとつ。南房総のうだるような暑さを背景に、不条理なエロスの世界が描かれた。

ハットして、グッドだ!

 最近では、なぜかハットの人気が高いようだ。街中でもハットを粋に被った若い男女や、中高年のおじさんを見かける機会が多い。若い人は、当然のようにファッションとしてハットを被るが、中高年はその理由が少しばかり違っている。

 中高年がハットを被るのは、ある要因があるからだ。それは年齢を重ねると同時に、意図せずに頭髪に現れてくる現象にある。端的にいえば、薄毛だったり、ハゲだったりするからだ。それをさりげなく隠すという目的が中高年にはある。

 ハットを被ってしまえば、もう薄毛もハゲも関係ないもんね。

 ということが、中高年のおじさんにはとっても大事なのだ。また、若い人のようにヘアースタイルに気を使わなくなっている、こともある。若い頃には、いつも鏡と対峙して、おれってカッコイイかな、と自問していたのが嘘のようにである。

 年を重ねるにしたがって、流行のヘアースタイルなんて、もうどーでもいいと思うようになっている。会社員なら平日は仕方なくきちんと揃えていても、休日ともなれば、ナチュラル過ぎるボッサボサのままである。

 しかし、それをハットなら、やさしく包み込んでくれるのだ。

 なんて、便利このうえないハットだろう。なんて、やさしさに溢れたハットだろうか。これを享受したら、もうハットが手放せなくなる。

 そこのあなた…、中高年のおじさんのあなたですよ。どーですか、あなたもハットにしてみませんか。ん、キャップ(野球帽)を被ってるって、そーですか、キャップもいいけど、ひとつハットを冒険してみましょうよ、ね。

 きっと、あなたの男振りもぐぐっと一段上がりますよ。ハットを被れば、グッドなダンディになれますよ、きっと。保証はしませんが、あしからず。

夏は、やはりストローハットだ

ピーター・グリムのストローハット
ピーターグリムとは
1989年アメリカで誕生したハットブランド。設立時から、デザイン性のあるSTRAW HATS(麦わら帽子)が得意で、特にウェスタンハットやテンガロンハットのデザイン等で有名になったアメリカ注目のブランドです。

どーですかー、なかなかいいと思いますがいかに。そこのあなた、おひとついかがですかー、お安いよ。このブランドの通常価格は、3000円以上しているが、リンクした楽天のショップでは、なんと1998円(税込・送料無料)だそうだ。

このハットを被れば、あなたもきっとダンディーになれるかもしれないぞ。

販売は、こちらのサイトになります!

画像引用元:
帽子屋ONSPOTZ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事