パスワードは一万年愛す。タイムレスなスタイルは、過去も未来も時を超えてゆく!

10 小説自作

10 小説自作

■戯曲|「コンビニの夜」特別編 キューピーハニー危機一髪

「コンビニの夜」は、当該サイトで小説自作として連載しているものです。これまでに11編のショートストーリーを掲載しています。今回は、趣を変えて戯曲=演劇の台本として書いてみました。くだらないですが、一読して頂けると幸いです。 戯...
10 小説自作

■小説自作|春きたる スウィートメモリー(桜咲く一瞬の季節の中で)

春きたる スウィートメモリー 作:cragycloud 桜咲く一瞬の季節の中で  今年は桜が満開になる時期が例年より早くきそうだと、テレビのニュースが伝えていた。どうやら桜は、いつでも蕾を咲かせる準備は万端のようだった...
10 小説自作

■小説自作|老人28号 わたしの願いは、夜に眠り羊の夢を見ること

老人28号 わたしの願いは、夜に眠り羊の夢を見ること 人間は、夜に眠りそして夢を見るそうだ。しかし、わたしは夢を見たことがない、なぜなら、わたしはアンドロイドだからだ。 作:cragycloud わたしの生...
スポンサーリンク
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜11 カピバラの湯から愛を叫ぶ!

アタシのウエストにはくびれがない カ、カピバラじゃねー 「あー、気持ちがいいなー、なんて温かいんだろ〜」と、うっとりとしながら温泉に浸かっていた。打たせ湯(滝湯)から流れ落ちる温泉が、肩のあたりにほどよく当たってほぐして...
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜10 涙あふれて… As Tears Go By

夜はやさしく、つかの間の至福のとき… 群青色の空に灰色の雲が流れていく  群青色の空は徐々に深みを増していき、そして夜のとばりがおりてくる。  月はときおり現れては、恥ずかしそうにまた灰色の雲に隠れてしまう。ビルに...
2017.11.30
10 小説自作

■小説自作|ザ・ローガンズ 限りあるイノチ、だから(後編)

おれたち、この先もう長くはないんだぜ  中高年に残された時間は刻々と過ぎていくーー。あとどれくらいかは、個人差はあれど、これまで生きてきた時間より短いのは間違いない。お金も大事だが、なにか生きてきた確かな手応えがほしい、そんな...
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜9 幾年月の夜をこえて

元文学青年の娘は、本を読まない  今日も夜は黄昏て、刻々と闇を深くしてゆく。そしてコンビニの明かりは煌々と周囲を照らし、それに誘われるように客がやってくる...... ■コンビニの夜9「幾年月の夜をこえて」 作:cra...
10 小説自作

■小説自作|ザ・ローガンズ 限りあるイノチ、だから(前編)

もう、がんばることはないぞ  おれたち、いつの間にか中高年。いまでは体も心も痛いところだらけだ。それでも、まだまだ生きていかざるをえない。家族のためか、それとも自分のためか。とにかく、残された時間はあと僅かなのは間違いない。 ...
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜8 踊るキューピーハニーとゴミ怪獣

臭い匂いは、元から断つのが秘訣だぞ  東京臨海部にゴミ怪獣が現れた。芳しのキューピーハニーは、ゴミと砂塵が舞い散るなかで怪獣と対峙していた。その対決の行方はいかにーー。 ■コンビニの夜8「踊るキューピーハニーとゴミ怪獣」...
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜7 芳しの乙女たち、JKペア現る

コンビニの夜7 芳しの乙女たち、JKペア現る 作:cragycloud 登場人物:アタシ(21歳の芳しと呼ばれたい女性) アタシの存在意義は何処へ  ピコン、ピコンと腕時計型端末が緊急を示す赤色を灯らせながら鳴ってい...
10 小説自作

■小説自作|美わしのかんばせ 募る想いのやるせなさが切なく身にしみる

あなたの微笑みは誰のために きみ美わしのかんばせを、わが枕辺にちかずけて 熱きくちびる重ねよや、とき移ろいて過ぎる間に  花くれないに燃ゆるとき、いまひたすらの愛のなか… 美わしのかんばせ 作:cra...
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜6 赤いルージュの女

赤い口紅は女の覚悟の証し  アタシは、夜の闇に包まれた鬱蒼とした森の中にいた。  黒々とした闇のなか、僅かな月明かりに照らされて人影が揺れるように動いていた。それはまるで前衛ダンスか何かのようであり、周囲の暗闇と相ま...
2016.10.12
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜5 赤いドレスのキューピーハニー

きみに赤いドレスを着させたい  得体の知れない何か変な男が、聞き取りにくい言葉を発しながら、ふらり、ふらりと左右に揺れながらアタシに近寄ってきた。 「うーうー、きみにー、赤いドレスをー着させたいー」と言っていた。 ...
2016.09.21
10 小説自作

■小説自作|今夜は踊ろう 朝まで…

あの娘と一瞬の時を過ごした頃…  ちょっと気なる娘がいた。その娘の何がオレの心の琴線に触れたのか、それは不明だったが、理由なんかとくに必要とは思わなかった。  その娘に「君の名は…」と問うたが、その娘は無言で下を...
2016.12.31
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜4 真夏の夜のヒーロー

キューピーハニー参上!!  じゅうくはたち、アタシの人生には何もなかった。いや、なーんかあったと思うが、どーでもいいことばかりだった。  実に、じつに残念だと思うばかりだ、「後悔の念、先に立たず」を身を以て知ったアタ...
2016.08.26
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜3 コズミック・サンシャイン・ベイビー

夏がやってきた。暑いぞ、クソ暑いぞ!  コンビニ界のプリンセスとは誰にもいわれていない、そんなアタシは二十歳だ。コンビニでバイトを始めてはや半年が過ぎた。  最近、女優の「広瀬すず」がデビュー前にコンビニで週6でバイトし...
2016.07.13
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜2 本日も平常営業なり

アタシの夢はいずこへ… ■コンビニの夜2「本日も平常営業なり」 作:cragycloud お腹のお肉がやばいぞ 「やばいぞ、やばいぞ」と思っていた。何故なら、ほんの少しのあいだと思っていたコンビニの深夜勤...
10 小説自作

■小説自作|消えた女2 日常と隣り合わせの不可解

消えた女2 日常と隣り合わせの不可解 作:cragycloud いつもと風景は変わらず、日々は過ぎてゆくが... <四日目......>  妻の実家は、数ヶ月前に引越ししていた。自分はちっとも知らなかったし、...
2017.02.17
10 小説自作

■小説自作|消えた女 いつもの日常の裏側に

消えた女 いつもの日常の裏側に 作:cragycloud その女は何処から来たか、そして何処へ <一日目......> 某月某日、月曜日の朝だった。  その日の朝は、いつものと変わることはなかった。7時...
2017.02.17
10 小説自作

■小説自作|オートバイと少年 CB400Fのいる風景

オートバイと少年 CB400Fのいる風景 作:cragycloud 朝靄のなかを疾走するオートバイ  1970年代はじめ、世の中は変わり始めていたーー。  怒濤の60年代は終わり、それと共に学生運動も下火とな...
2016.03.26
10 小説自作

■小説自作|珍説・CRチバノラッパー ダサさなら埼玉には負けないぜ!

明けない夜はない、そしていつか世界へ 珍説・CRチバノラッパー 序章 作:cragycloud  ここは、大都会の東京からほど近い千葉のどこかーー。  千葉県の北西部では東京からの浸食が激しく、もはや東京...
2016.03.15
10 小説自作

■小説自作|東京ゾンビマンション(その2)「24時間後…」

ゾンビが東京を征服した。日本政府、東京封鎖を決定! 東京湾岸エリアの高層マンションに現れた不審な輩たち! ある日、東京にゾンビが現れた。そして、あっという間に東京はゾンビに占拠されてしまった。高層マンションの住民たちの運命は...
10 小説自作

■小説自作|愛の食物連鎖 ライオンとシマウマと人間

オレの名は、ジョン。百獣の王ライオンだ。 愛の食物連鎖 作:cragycloud  オレの名はジョン、なんと百獣の王と呼ばれるライオンだ。それも雄だ。たてがみもふさふさとした男盛りである。そんなオレだが、実はアフリカ...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|東京ゾンビマンション それは突然やってきた!

東京湾岸エリアの高層マンションに現れた不審な輩たち 東京ゾンビマンション 作:cragycloud  いつの頃からか、東京の湾岸エリアには高層マンションが雨後のタケノコのごとく、ニョキニョキと建ち並んでいた。こんな地...
2015.09.14
10 小説自作

■小説自作|堕ちた天使たち(2)時の過ぎゆくままに身をまかせて

この瞬間を永遠に...しかし時は過ぎてゆく  都会のどこかで、脛に瑕持つふたりの女が繰り広げるものがたり。社会の不条理との戦いの幕は、さながら70年代の日活映画?並みの展開で切って落とされる。それは、やがてくる未来のために...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|堕ちた天使たち 序章:友、何処よりきたる

はじまりは、すぐそこにあった... 都会のどこかで、脛に瑕持つふたりの女が繰り広げるものがたり。 社会の不条理との戦いの幕は、さながら70年代の日活映画?並みの展開で切って落とされる。それは、やがてくる未来のために。そし...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|愛の歌が聴こえる ホラーなお話

愛の歌が聴こえる by cragycloud  ぐらん、ぐらんと頭の中で渦が巻いているような感じがしていた。僅かに目を開けてみたが、焦点が合わずに周囲がぼやけて見えた。少し時間がかかったが、だんだんと周りの様子が見えてきた...
2016.02.22
10 小説自作

■小説自作|コンビニの夜 by cragycloud

真夜中のコンビニで... コンビニの夜 作:cragycloud 遠くでパトカーのサイレンの音が聞こえる。それと入れ替わりにファン、ファンというバイクの空ぶかしの音が繰り返されている。いつもの夜の恒例行事だ。そんなこ...
2016.02.22
10 小説自作

■小説自作|夢で逢いましょう 誰と?

夢のなかでは、いつも辻褄が合わない!? 夢で逢いましょう 誰と? 作:cragycloud 夢の続きは、必ずしもあるとは限らない。残念!  人間なら夢を見る事は必ずある。しかし、毎日の様に必ずしも見るとは限らない。そして...
2016.02.22
10 小説自作

■小説自作|ゲット・アップ!GET UP!

オーマイ、ガーッ! ゲット・アップ!GET UP! 作:cragycloud 某月某日 本日も晴天なり  とにかく暑い。朝のニュース番組では、アナウンサーのおねーさんが、今日は35度になると涼しげな顔で言ってい...
2016.05.21
10 小説自作

■小説自作|乗っ取られた街(1)ストレンジフルーツ

それは未知の物体だった 乗っ取られた街 ストレンジフルーツ 作:cragycloud <北の大地にある研究施設>  北海道の内陸部に広大な敷地を有する研究施設があった。そこで何が行われているかは、一切が秘...
2016.02.22
10 小説自作

■小説自作|ありふれた街 ゴールドタウン

そこに国籍はない、あるのは漲る生命力であった! ありふれた街 作:Cragycloud  かつてどこの地方に行っても必ず見られたのがシャッター街であった。 しかし、2019年の新移民法により海外からの移住者が急激に...
2016.02.21
10 小説自作

■小説自作|愛の関係式 cragycloud

映画「恋する惑星」より どこにでも関係式はあるに違いない 愛の関係式 作:cragycloud 登場人物:オレ(ノータリンなプランナー)     :N君(コムデギャルソンを着たプランナー)  1992年夏の蒸...
2016.05.21
10 小説自作

■小説自作|フライパン、とんだ

それは90年代はじめ、バブルが弾けてとんだ頃だった? フライパン、とんだ 作:cragycloud 登場人物:オレ(ノータリンのプランナー)  あれは90年代に入ってバブルが弾けてとんだ頃だったか。もう少しあとだ...
2016.05.21
10 小説自作

■小説自作|なんでも始末屋 その6「見返り美人」

その愛人には、危険な毒があった!? <当該小説の概要>  元チンピラのオレは、何故か探偵家業に勤しんでいる。しかも、ただの探偵じゃない、セレブ御用達である。相棒のケンタと共に今日も世の中の不条理に戸惑いながら、何とかそれ...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|アイドルも楽じゃない! その6「サンタフェを超えてやる」

もはや後はない、裸も辞さない覚悟だ! 「指原の乱」より 指原莉乃  指原さんは、やっぱり面白いわ。と「指原の乱」を見て思った次第である。このところ引き気味であったが、若干引き戻された気持ちである。おっさんは、甘いかもしれ...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|きなこがゆく その2「オーディション」

アタシのヒーロー?は、エリザベスです! 映画「ヒミズ」より 二階堂ふみ <前回までのあらすじ>  きなこは、東京の下町にすむ女子高生である。何故か、苛つく毎日を過ごしている。いまだ、将来の目標はない。そんなとき、芸能プロの...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|なんでも始末屋 その5「ビジュアル系のやばい奴」続編

マネーローンダリングの闇の奥 <前回のあらすじ>  元チンピラのオレは、どういう訳かセキュリティー会社の下請けで探偵もどきをしている。主にセレブのスキャンダルをもみ消す、または沈静化させる仕事である。今度の仕事は、ビジュアル...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|なんでも始末屋 その4「ビジュアル系のやばい奴」

輝く光の裏側は、暗い闇に包まれていた! 犬種ドーベルマン なんでも始末屋 その4「ビジュアル系のやばい奴」 作:cragycloud 登場人物:オレ(元チンピラの探偵)  きなこという女子高生は、なんでもタ...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|なんでも始末屋 その3「セレブスキャンダル」続編

スキャンダルは、持ちつ持たれつの関係式である! 新宿3丁目交差点 <前回のあらすじ>  元チンピラのオレは、どういう訳かセキュリティー会社の下請けでセレブのスキャンダルをもみ消す、または沈静化させる仕事をしている。...
2016.05.25
10 小説自作

■小説自作|きなこがゆく その1「ゲイノーの人」

全てのものには終わりがあり、そして始まりがある 写真:GANREFより、nachtさん きなこがゆく その1「ゲイノーの人」 作:cragycloud 登場人物:きなこ(空が好きな女子高生)  暑過ぎる夏が...
2016.05.28
10 小説自作

■小説自作|アイドルも楽じゃない! その5「因縁の対決」

敵は、本能寺ではなくファミリーレストランにあり! 隠しようもないが、当該小説のモデルである指原莉乃さん! なお、当該小説もどきは、実話を基にしたフィクションである。 アイドルも楽じゃない! その5「因縁の対決」 ...
2016.05.28
10 小説自作

■小説自作|なんでも始末屋 その2「セレブスキャンダル」

セレブは、みなどこか病んでいるようだ! なんでも始末屋 その2「セレブスキャンダル」 作:cragycloud 登場人物:オレ(元チンピラの探偵)  オレの住むビルには、管理人であるオッサンこと小山さんという...
2016.05.28
10 小説自作

■小説自作|なんでも始末屋 その1「今日から始末屋」

オレには、いまさら失うものなど何もない なんでも始末屋 その1「今日から始末屋」 作:cragycloud 登場人物:オレ(元チンピラの探偵)  目黒駅前の通りは、いつもながら混み合っていた。時間も夕方である...
2016.05.28
10 小説自作

■小説自作|アイドルも楽じゃない! その4「干されアイドルの憂鬱」

ブ、ブスのくせに、一位ってどういうことよ! 上の写真と当該小説とは特に関係はございません!? アイドルも楽じゃない! その4「干されアイドルの憂鬱」 作:cragycloud 登場人物:アタシ(有名アイドルグループの...
2016.06.17
10 小説自作

■小説自作|アイドルも楽じゃない! その3「逆襲のアイドル」

アタシは、寝言でゼッテー見返してやると叫んだ! 上の写真は当該小説と特に関係はございません? 写真:朝日デジタルより アイドルも楽じゃない! その3「逆襲のアイドル」 作:cragycloud 登場人物:アタシ(現役人気...
2016.06.17
スポンサーリンク