パスワードは一万年愛す。タイムレスなスタイルは、過去も未来も時を超えてゆく!
時代と流行

時は移ろい、流行も様変わりするーー。時代と流行の関係式は、男と女のそれとおなじく、ときには愛しくあり、ときには煩わしくある。それが時代と流行の永遠のテーマである。

時代と流行の世界へようこそ!
18 世界事象

世界|2020新世界秩序の時代へ コロナ収束後の未来とは

21世紀のニューワールドオーダー 混迷する世界情勢  2020年7月現在、世界中がコロナ禍のなかで足掻いている。世界各国の経済再開は思い通りにはいかず、手枷足枷の状態である。  この数年(実際は10年ぐらい...
2020.07.06
06 社会/他

社会|いまファッションはどうなってるか コロナ禍で疲弊するアパレル業界の背景

ファッションブランドの価値とはなにか ラグジュアリーとオフプライス・ストア  洋服が売れない、とくに中価格帯のアパレル小売が苦戦しているそうだ。アメリカでは、JCペニーが破綻し、ギャップも多数の店舗が閉鎖に追い込...
2020.06.27
18 世界事象

世界|2020アメリカ黒人暴動のゆくえ コロナ禍で起きた未曾有のできごと

錯綜するアメリカの人権意識 Black Lives Matter(黒人の命は大事)  2020年5月25日、アメリカのミネソタ州ミネアポリスで白人警官により首を圧迫されて黒人男性(アフリカ系アメリカ人)が、死亡す...
2020.06.19
スポンサーリンク
02 音楽

音楽|チャラン・ポ・ランタン ユニークすぎる姉妹音楽ユニット

日本のジプシー姉妹 放浪の個性派ユニット    チャラン・ポ・ランタンってなに?という人も多いと思います。なにを隠そう当方も最近まで知りませんでした。あしからず。 チャラン・ポ・ランタンとは  アコーディン弾...
2020.05.24
16 妄想コラム

コラム|コロナ禍とその対応システム この経験を次に活かせるか

失敗の本質を繰り返すな 世界が不思議がるコロナ禍への対応とそのゆくえ  コロナ禍は、いまだ収束したとはいえないが、日本ではだいぶ落ち着いてきたのは事実だろう。第2波、第3波があるのか、まだ不明である。  日...
02 音楽

音楽|ストリートのミューズたち 街路から人の心に元気を与える

ストリートに息づく音楽がある ストリートのミューズたち  2020年のストリートは、コロナ禍という厄災のおかげで活気を失ってしまった。しかし、明けない夜はないはず、またいつかストリートに人が集い、行き交い、そして...
06 社会/他

社会|新型コロナウイルス拡がる3 日本のコロナ対策はなぜ錯綜するのか

コロナ感染対策は正しかったか否か PCR検査、いまだ広がらず  北朝鮮の「金正恩総書記」が死去した、というニュースが流れている。まだ、確かな情報ではないようだが、近いうちに事実が明らかになるはずだ。  それ...
2020.05.08
02 音楽

音楽|驚異のロックン・ロール・バンド ザ・ローリング・ストーンズ

半世紀にわたって第一線に君臨するロックバンド 驚異のロックン・ロール・バンド  ザ・ローリング・ストーンズは、いまさら言うまでもなく、偉大なロックバンドであるのは間違いない。そして、それは多くの人に認知されている...
2020.04.24
17 70年代

70年代|70年ビートルズ解散〜音楽世界にロックは定着し、さらに多様化する

70年代、多種多様なロック・ミュージックが現れる プログレ、ハードロック、パンク、そしてニューウェイブへ  60年代の音楽シーンを牽引したビートルズは、当時の音楽世界に多大な功績を残したが、70年4月にポールが脱...
2020.04.22
01 映画

映画|ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK 世界一有名なバンドの軌跡

音楽世界を革新したバンド、ザ・ビートルズ 世界一有名なバンドの全盛期の裏側で起こったできごと  ビートルズが、全世界で一番有名なバンドであるのは、まちがいない。がしかし、その全盛期から、はや約半世紀が経とうとして...
2020.04.19
16 妄想コラム

コラム|生涯で一番手を洗うとき なんだか手が荒れてしょうがないぞ

こんなに手を洗った記憶はない 洗いすぎて手が荒れている  当方は、中高生にあらず中高年だから、冬場は肌がカサカサしている。その反面、夏場は脂ぎっている。いやはや。  このところ、コロナウイルスのせいで毎日なんども手...
2020.04.15
06 社会/他

社会|日本企業の劣化を象徴するか 内定者にSNSでパワハラ、どうかしてるぞ

日本企業は、いったい何をどーしたいのか  日本企業にイノベーションが求められてから、ずいぶんと久しい。ところが、どーであろうか。イノベーションどころか、大企業の一部では、目先の利益のために不正会計とやらに猪突猛進する有様である...
2020.04.18
06 社会/他

社会|新型コロナウイルス拡がる2 なぜか日本では危機意識が緩んでいる

中国は収束宣言?、欧米は危機の真っ只中に  2020年3月26日、日本の首都東京では、新たに47人の感染者数が確認された。前日(25日)、これまで最多(1日あたり)の41人の感染者が確認されて、急遽都知事が会見し、不要...
2020.03.29
07 時代と流行

時代と流行|詐欺の系譜 社会を蝕む違法収奪のシステム

なぜ、人々は騙されるのか 時代は変われども、連綿と続く人を騙すという行為は永遠不滅なのか  2020年現在、オレオレ詐欺(振り込め詐欺)は相変わらず続いている。社会的にも十分周知されているはずだが、騙される人が後を絶たな...
10 小説創作

小説創作|とうきょうながれもの 其の四:与三郎、そうだ京都へいこう

あの胸にもういちど 吉国父、本能に負けた  なにげに空を見上げると、すっきりと晴れた冬の空のなかに、雲がゆっくりと漂い流れていた。もうすぐ春かなーなんて思いながら、矢那川に設けられたコンクリート製の堤防に寄りかかって、タ...
02 音楽

音楽|クィーン・オブ・ポップ マドンナの軌跡

ライク・ア・ヴァージンも、61歳(2020年)  1983年にデビューしたマドンナは、2020年現在なんと61歳になるそうだ。デビューから約37年、いまだ世界のトップ・ミュージシャンとして健在である。  マドンナ=クィー...
2020.02.21
06 社会/他

社会|新型コロナウィルス拡がる 政府の対応が不安を助長する

もはや日本は、安心・安全ではない  2020年1月、中国の湖北省武漢市で新型コロナへの感染者が増大していた頃、日本政府および厚労省は、「人から人への感染はない」「日本人には感染しない」「国内感染はしない」と発表していた...
10 小説創作

小説創作|とうきょうながれもの 其の三:二人のながれもの

時は、やさしくながれて  かつての繁華街のはずれにある伝統的な和風建物の中から、「ちんとんしゃん〜、ベんベん」という三味線の音色が細い路地裏に情緒を与えていた。  三味線の音色は、ずっと忘れていた風情(風雅で味わいのある...
2020.02.07
10 小説創作

小説創作|とうきょうながれもの 其の二:お富降臨

 有名な歌舞伎の演目に『与話情浮名横櫛』(よわなさけうきなのよこぐし)というものがあります。歌舞伎では、世話物といわれているジャンルになります。ちなみに、内容は一種のラブストーリーである。  嘉永6年(1853年)、江戸中村座...
2020.02.03
10 小説創作

小説創作|とうきょうながれもの 序章:与三郎がゆく

シャッター街のながれもの おれの名前は、与三郎  東京・新宿から高速バスに乗って、東京湾の海底をもぐり、さらに橋を渡って辿り着いたのは、東京にほど近い半島にある西海岸のまちだった。  ワケあって東京を脱出し...
2020.01.22
07 時代と流行

時代と流行|1989年 新しい世界秩序がはじまる

1989 大きな時代の転換点  80年代(とくに中頃以降)の日本は、ジャパン・アズ・ナンバーワンといわれて、世界の注目を集めていた。その成果のベースは、実はバブルの恩恵だったのは今更いうまでもない。1989年、そのバブルは頂点...
02 音楽

音楽|The 5.6.7.8’s これはナイス!とてもクールなガールズバンドだ

とにかくサウンドが、すごくかっこいい  当方実は、このバンドを2019年まで知らなかったです。ある日偶然、YouTubeのおすすめに掲載されていたのを、何気にクリックして聴いてみました。  あっと驚くサウンドでし...
2020.01.19
20 音楽創作

音楽創作|GarageBandで音楽をつくる3 堪らずに聴いてタモーレ

誰にだって音楽はつくれるのさ  誰にだって音楽はつくれる、なんてーことをいうと「お前はミュージシャンを敵にまわすのかー」といわれそうですが、そうではありません。当方は、現役ミュージシャンの創作意欲に火をつけようとしているのです...
19 欲望の翼から

欲望の翼から|ミュージシャン=クズ説を実証する元カリスマ氏、いやはや!

ミュージシャン=クズ説の真実をさぐる 90年代のカリスマ、小室哲哉氏にまたスキャンダルである!  日本の90年代を彩ったミュージックシーンのカリスマといえば、小室哲哉氏であるのはほぼ間違いないだろう。当時は多くの...
2020.04.08
20 音楽創作

音楽創作|GarageBandで音楽をつくる2 とりあえず聴いてタモーレ

誰にでも音楽はつくれるぞ  ガレージバンドで音楽をつくってる、なんてーことを話すとある筋の人たちは、あからさまに嫌な顔つきをしてくる場合が多々あるのだ。  「そういうのはどーもなー」、と聴きもしないで否定的結論である。 ...
16 妄想コラム

コラム|タワマンが、ウンチナガレネーゼとなるとき

タワマンにうんち禁止令がでた  大型台風19号(10月12日上陸)は、関東地区を中心に甚大な被害をもたらしました。そのようなときに、この話題は不適切かもしれませんが、おなじ台風被害のひとつの事例として、以下にご紹介した...
2020.04.08
14 極私的アート展覧会

アート|極私的アート展覧会「不都合な?自由展」

不都合な?自由展 アートとはなにか、自由とはなにか  さて、当サイトでは極私的な視点による「ネット限定の展覧会」を開催しております。今回はごく一部で話題となっている、名古屋方面の「どっかの展覧会」とはまったく関係なく(建前上...
07 時代と流行

時代と流行|ココ・シャネルのモード革命 アンチ・ゴージャスのファッション

モードの革命家ココ・シャネル  「シャネル」といえば、高級ファッションブランドの代名詞である、と言っても過言ではない。そのオートクチュールは、富裕層が多く愛用するブランドであり、またそのイメージに憧れて一般層も口紅やバ...
07 時代と流行

時代と流行|揺れる香港の未来 共産主義社会の一国二制度は維持できるか

香港市民の自由はいずこへ  香港では、「逃亡犯条例改正」に端を発した香港市民のデモ活動がいっこうに収束する気配がない。昨今では、反政府デモの様相が濃厚になってきている。 逃亡犯条例改正案 2019年2月、香港政...
2020.04.08
12 お知らせ

おしらせ|姉妹サイト「欲望の翼から」を本サイトに統合しました

ふたつのサイトを統合しました! 姉妹サイトである「欲望の翼から」を閉鎖し(近日中に削除)、その過去記事を当該サイト「パスワードは一万年愛す」に移動しました。 したがって、「欲望の翼から」というサイト名はなくなって...
16 妄想コラム

コラム|オジさんの妄想はとまらない8 令和元年、はじまりました

時代は変わるか、動くか否か、それが問題だ 令和元年がはじまりました  だからどーした、といわれればそれまでですが、これをきっかけに何かが動き出すといいですね、と個人的には思っています。  平成時代後半では、...
2020.04.08
20 音楽創作

音楽創作|GarageBandで音楽をつくる 楽器はできなくても音楽はつくれるぞ

今日からミュージシャンだ 楽器はできなくても音楽はつくれるぞ  iMacにバンドルされている音楽制作ソフト「GarageBand」を使って、はじめて音楽を制作してみました。GarageBandは、以前から当方のiMacに入っ...
07 時代と流行

■時代と流行|夢よもう一度、日本エンタメの発祥地「浅草六区」にレヴュー復活!

浅草六区に花が咲く、平成世代による昭和歌謡ショー 江戸時代からの歓楽街  浅草寺の周辺は、江戸・元禄時代の頃から盛り場(歓楽街)となり、やがて江戸最大の盛り場にまで発展したそうだ。  明治時代になり、欧米の...
2020.04.08
06 社会/他

■社会|アメリカVS中国 AIが未来の覇権を握るか

AIのデファクトスタンダードはいずこに  現在、米国と中国は、貿易の不均衡に端を発した関税問題ですったもんだの最中である。その背景には、中国による知財盗用という問題が横たわっている。  米国は、これまで中国に対しては寛容...
2020.04.08
19 欲望の翼から

■社会|お年玉効果もなくZOZO減収減益に ZOZOアリガトウの行方はいかに

ZOZO、後期ホリエモン、NIGO 一億円お年玉効果はいずこへ  123億円のバスキアを購入、100億円の豪邸建築、女優との親密交際、月旅行に750億円、等々、絶好調に見えたZOZO前澤社長にも陰りが…。  2...
06 社会/他

■動画|李子柒(リーズーチー)の世界 中国四川省、謎の田舎生活に興味津々となる

実態が謎であるが、興味深い中国の田舎生活の様子  李子柒(リーズーチー)さんの中国田舎生活がとても興味深い。  李子柒さんは、中国の片田舎(四川省綿陽市)で自給自足的な生活をする様子を、淡々とした映像にしてYou...
17 70年代

■70年代|はっぴいえんど、YMO そして音楽は時代を超えてゆく

音楽シーンに新しい時代がやってきた 〈キディランド〉向かいの歩道/横木安良夫(1974) 70年代、高度経済成長が終わった  1970年に開催された大阪万博は、日本の高度経済成長の頂点を極めた盛大な祭典となった。が...
06 社会/他

■社会|日本が壊れてゆく 人口減少後の日本の未来はいずこに

倫理なき社会、モラルハザードの世界  米中新冷戦の時代といわれるなかで、世界的にも変調の兆しが顕著となってきた。欧州=EUでは、英国のブレグジットが混迷する一方、これまでの緊縮財政路線が揺らいでいる。(EUには財政赤字=GDP...
2019.02.26
10 小説創作

■戯曲|「コンビニの夜」特別編 キューピーハニー危機一髪

「コンビニの夜」は、当該サイトで小説自作として連載しているものです。これまでに11編のショートストーリーを掲載しています。今回は、趣を変えて戯曲=演劇の台本として書いてみました。くだらないですが、一読して頂けると幸いです。 戯...
06 社会/他

■企業|ZOZOに不安要素が強まる 有力ブランドが退店、PBの評価も低下する

前澤社長の露出過多に顧客はどう思っているか ZOZOの未来はいかに  会社名を「ZOZO」に改名したアパレル通販サイト「ZOZOTOWN」の評価が、最近では下降気味である。(旧社名はスタートトゥデイ)ZOZOへの出店...
2020.04.08
19 欲望の翼から

■社会|フェイスブックからLINEへと誘導するメッセージの正体

ネットを信じることは、救われないと同義か  現在、巨大IT企業はいうに及ばず、あらゆる企業は、なんらかの形で取得した顧客情報の利活用にやたらと熱心である。それは、顧客=個人情報が、自社の利益拡大に繋がるからに他ならない。まるで...
01 映画

■海外ドラマ|マーベラス・ミセス・メイゼル スタンドアップコメディに目覚めた主婦の物語

50年代のアメリカを背景に描く秀逸のコメディドラマ  このドラマは、何一つ不自由のない裕福なユダヤ人の若い主婦(ふたりの子持ち)が、ある日スタンダップコメディに目覚めたことから人生が一転してゆく様子を面白可笑しく、とき...
15 マーケティング

■マーケティング|女の時代、なんていらない? お仕着せはもうたくさんだ

わたしは、私。に感じること  日本の現政府は、「女性活躍社会」を重要な政治課題として大々的に喧伝してきた。その後、どのような進展があったか、それが問題である。  2019年から、幼稚園や保育園にかかる費用が無料になるそうだ。その...
07 時代と流行

■時代と流行|100年の時代紀 2018年のできごとを顧みる

疑惑の年、捏造と改ざんに揺れる 仮想通貨ビットコインは、最高価格の5分の一以下に  2017年12月、仮想通貨ビットコインは230万円代となり、さらなる上昇があるかと思われた。しかし、その後は上昇することなく2018年は右肩...
07 時代と流行

■時代と流行|輝くディスコの変遷史 音楽とダンスが日本中の夜を彩った時代

ディスコの登場で、音楽とダンスは融合した ディスコが輝いた時代 「ディスコ」といえば、何を思い浮かべるか。それは世代によってだいぶ違うと思われるが、当方などはやはり80年代の六本木を思い浮かべます。  ディスコは7...
2018.07.13
19 欲望の翼から

■社会|日本すごい!は本当か クールジャパンのやるせなさは見るに忍びない

日本すごい!が、痛すぎるぞ ちっともクールじゃない、国策クールジャパン  昨今、「日本すごい」という切り口のテレビ番組が受けているようだ。主に海外からの旅行者が日本の伝統文化に触れて感銘するという内容である。一方、日本か...
2020.04.08
スポンサーリンク