■社会|エミリーのパロディソング、レット・イット・プープとは

スポンサーリンク

うんちを熱唱するリトルガール、エミリー


“Let Me Poop” to Disneys Frozen “Let It Go”

リトルガールが熱唱するうんちの歌?これはナイスである!

YouTubeがおすすめする動画に「レット・イット・プープ」というのがあった。これは何だ?。日本で大ヒットしたアナ雪の「レット・イット・ゴー」とどう違うのか。なんせ英語はあまり得意ではない。なんとなく分かる程度である。素人が歌った動画であるのは分かった。そこで、とりあえず見てみた。

動画では可愛いリトルガールが、カメラを意識しながらも熱唱していた。その歌はまぎれもなく、日本でも大ヒットした「アナと雪の女王」の主題歌?であった。

松たか子さんが熱唱したあのメロディーである。しかし、リトルガールは何故かプープ、プープと繰り返していた。なんで、ゴーではなくプープなのか?。実は当該ユーザーは、この時点ではまだこれがパロディソングだとは気付いていなかった。

あとでレット・イット・プープで検索したところ、これがパロディであるのが分かった。プープは、なんと”うんち”という意味らしい。他にも、ばかとか間抜け、おならという意味もあるらしい。(この歌ではたぶん”うんち”でいいのではないかと思う)

なるほど、リトルガールらしい発想である。ちなみに彼女の名前は、エミリーちゃんというらしい。動画の背景に写る壁にそう書かれた飾り付け?があった。子供はうんちが大好きである。なにかといえば、うんちを繰り返す時期がある。

しかし、リトルガールとはいえ彼女は外人、たぶんアメリカ人か。したがって、英語である。なんと歌っているか、詳しい内容が分からない。なんせ当該ユーザーは、前述したように英語に堪能な”楽天”の社員でもないからである。

そこで翻訳機能を使い、聞き取れる箇所だけ翻訳した。しかし、それがなんとも意味不明であった。それは、以下のとおりである。

「私にうんちをさせ、私はうんちましょう/私が閉じている必要がありますそのドア/私は気にしない/彼らはうんちはとにかく私を気にしない/臭いが出てくるしましょう​​」という具合である。なんのことか?意味不明である。

そこで、仕方なく以下の様に勝手に想像してみた。たぶん、正確ではないが雰囲気はこんなもんではないかと思う。しかし、自信はない。

英語の達者な人にぜひ彼女の歌詞を翻訳して頂きたい。そう思うが、どなたかいないか。

safe_image

<エミリーの「レット・イット・プープ」歌詞(想像)>

あたしにうんちをさせて

あたしはうんちをしましょう

ドアは閉じておきましょう

でも、あたしは気にしない

あたしはうんちを気にしない

すこしも臭くはないわ

<さらに要約した別バージョンとして>

ありのままの うんちを見せて

ありのままの うんちになるの

何も怖くないわ

ふんばるのよ

少しも臭くはないわ

とか、想像できるが如何に。
なお、上記と同じ箇所と思われる本家の歌詞は以下のとおりです。
<本家「レット・イット・ゴー」歌詞(一部)>

ありのままの 姿見せるのよ

ありのままの 自分になるの

何も恐くない

風よ吹け

少しも寒くないわ

となっているが、いかがだろうか。それにしても、リトルガールのエミリーちゃんは、なかなかに面白いと思ったが、どうでしたか?

ちなみにエミリーちゃんの詳しい事は不明です。しかし、動画の閲覧数は100万を優に超えている。かなり多くの人達が注目したようである。(2014年10月5日現在、約140万回)

<アナと雪の女王>
雪と氷の世界を舞台に、運命に引き裂かれた王家の姉妹を主人公に“真実の愛”を描いた感動アニメ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事