■社会|坂本龍一 上から目線にも程がある!

スポンサーリンク

教授といわれるが、その眼識はたいしたことはない!


坂本龍一

■坂本龍一氏、日本は韓国的にやってかなきゃ駄目と指摘する!
関連記事:坂本龍一「上から言いきる」
http://openers.jp/culture/sakamoto_uekara/uekara014.html

2010年12月15日の「OPENERS」というサイトのなかで、音楽家の坂本龍一氏が「韓国について言いきる」というテーマに基づいて、日本は韓国的にやらなきゃ駄目と言っていた。韓国的とは、どんなことかというと、次のようなことらしい。日本は覇気がないが、韓国は元気だ。韓国は、国際的で語学力も高い。国の舵取りもうまい。産業別にトップ企業を選別し優遇している。つまり国をあげて選択と集中を徹底させている。ということか。

詳細は、リンク先のサイトをぜひ読んで頂きたい。このサイトは、偶然にも辿りついたものであり、何を目的とするサイトか判然としない。調べる気もないのである。あしからず。

この発言から約3年余りが立とうとしています。現在では、日本も誇れるものはないが、元気なはずの韓国の現状はもっと厳しい状況となっている。国の舵取りがうまかったはずだが、いまや反日カードで国民の目線を反らすばかりである。トップ企業への偏重があまりに激しかったので中小企業が育っていない。語学力は高いが、それを使ってやったことは国際社会で反日を宣伝することである。なにか、違うことがあるだろうか。

まとめるとこんな具合だと思うが、如何に。

坂本龍一氏は、いま何を思うか。このサイトのなかでのタイトルは「上から言いきる」となっている。なにをかいわんやである。教授といわれるその眼識もたいしたことはなさそうである。個人的には、音楽家や美術家、その他のクリエイターも同じく、政治・経済的なことを安易にいうべきでない。と感じる次第である。何故かといえば、裏付けとなる知識が薄いのである。また、その見識も狭いのである。

これはある意味仕方がないことである。それは、専門性に特化して学んできたからに他ならない。それを人は専門バカというわけだ。

個人的にもそうだが、クリエイターといわれる方は自分の感性にしか頼る部分がない。それは、ある意味では個性だが、一端道を外れると独りよがりとなってしまう。無名のクリエイターならそれでもいいが、セレブ(この場合金持ちではなく、有名という本来の意味で)ともなれば、その影響力はバカにできないのである。坂本龍一氏は、根拠の薄い事を、さも偉そうに決めつける自分を愚かに思う感性もすでに失っているかもしれない。

なにしろ教授であるから、自分の判断の間違いを認めるとは思えない。

昨今では、在日韓国人の方々のあいだでも、現在の韓国の政府・メディアのやり方は異常である。という認識が広まっているようである。かれら在日の方々にとっては、何故もっと違うやり方ができないのか。もどかしい思いであるようだ。なにしろ、あれだけ盛り上がった韓流も行き過ぎた反日のおかげでおじゃんである。個人的に在日の方の知り合いもいるので、かれらの無念に対しては何とも言えない。

とりあえず結論であるが、いかにセレブといえど、その見識をいま一度疑って掛かるべし!。ということである。ところで、坂本龍一よ。いま一度同じ事が言えるかな!。

韓国的にやっていかないとダメじゃないかな?

年明けの1月9日(日)に、ピアノソロでソウルで公演します。
たしか2000年以来なので、11年ぶりですね。

僕の英語のツイッターアカウントに韓国のファンのフォロワーがたくさんいて、ハングルでの質問に、Googleの翻訳を使ってハングルで答えていたら、僕がハングルができると思ったのか、そのことが韓国の新聞に載ったらしくて、困っているんですけど(笑)。

韓国には何人か友人もいて、サムルノリ創始者の金徳洙(キム・ドクス)さんは長いこと友人です。最近の友人では2004年に発売した『CHASM』というアルバムに収録した「undercooled」でラップをしてくれたMc.Sniperもいます。

韓国に対してはとても親近感をもっていて、いま、日本人は疲れているとか、覇気がないとか、国としても先が見えないとか言われていますが、韓国はとても元気です。

韓国は、日本と中国という経済大国と超大国にはさまれながら経済活動をしなきゃいけないのと同時に、国際関係も重視していて、語学力も高いし、国の舵取りもうまい。産業別にトップ企業を選んで優遇するとか、力を集中させて成長させていく。ヨーロッパでいえばベルギーやスイスなど大国に翻弄されながら力をつけてきたのとおなじです。

日本は中途半端に大きいから、経済活動も鎖国的にやってこられたけど、その日本仕様できたガラパゴス的な弊害がいま出てきている。

これからは、韓国に学んで韓国的にやっていかないとダメじゃないかな?

2010.12.15 OPENERSより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事