■芸能|宮崎あおい、蒼井優、蒼井そら

スポンサーリンク

あなたは、どの”あおい”がお好き?


映画「舟を編む」の宮崎あおいと松田龍平。興行成績はいまいち伸び悩んでいるようである。

宮崎あおいも、すでに27歳だそうだ。もっと若いと思っていたが、もはや若手女優というか、中堅女優の仲間入りか。ちなみに、蒼井優も同じく27歳である。蒼井そらは29歳だそうだ。この蒼井そらだけは、何故かまじか?もっと年上じゃないかと疑問に思うのである。みなさんはどうだろうか。どうでもいいって?、ま、そのとおりである。

今回のテーマは、たまたま宮崎の記事を読んで思いついたに過ぎないのである。何故に、あおいか?。しかも女優ばかりがこの名前をつけるのか。なんて、思っただけである。特に、他意はない。

宮崎あおいとリース・ウィザースプーンの共通点

関連記事:news.livedoor.com/article/detail/7654516/

宮崎あおい(以下、宮崎)と云えば、例の高岡騒動の最中に離婚したことが記憶に新しい。しかも夫である高岡の留守中に不倫をしていたことが明るみにでたことで、そのイメージが崩れたことは否めないだろう。どんなイメージかと云えば、彼女は夫に尽くす貞淑な妻を世間にアピールしていた。そう感じるが違うだろうか。

さらに云えば、夫・高岡は、まだ俳優として大成しておらず、さらに奔放さが漂うイメージを持たれており、それを健気に支える妻というイメージは、宮崎の好感度を押し上げていたはずである。しかし、なんとジャニーズ岡田との不倫が発覚したことで、そのイメージは崩壊した。この二人が共演した映画も予想された収益には届かずに終わった。

その後に公開された映画も収益が低いそうである。また、CMも多く抱えてはいるが、何故か放映回数が減っているようだ。スポンサーが放映を控えているのでは、と噂されている。

どうも、宮崎は苦境に立たされているようである。ま、それも当然か、宮崎はどちらかといえば、女性の支持層の高さで人気女優となったのではないか。もともとセックスアピールのあるタイプではないし、男性人気が高いとはあまり聞いたことがないが。不倫、さらに、それがジャニーズでは女性の反感を買うのは致し方ないと思うのであるが、みなさんは、如何に。

しかし、芸能界で生きることは並大抵の神経では難しいようだ。さて、海外でも宮崎&高岡元夫婦によく似た俳優夫婦がいた。それが、リース・ウィザースプーンとライアン・フィリップである。この元夫婦も妻が人気女優であるのに対し夫ライアンはいまいち伸び悩んでいた。さらにリースは、アカデミー賞を受賞する。

この格差婚夫婦は、当然のように離婚することになった。しかし、好感度抜群であったリースも最近は落ち目であるようだ。公開される映画はどれも業績が振るわないようである。さらに、最近では現在の夫と車に同乗中、なんと夫が飲酒運転で捕まった。その際に警官に対し「私を誰だと思ってんのよ!」と云ったそうである。

つまり、有名人アピールをした訳である。なんと浅はかなと思うしかないが。この出来事は、あの酒井のりピーを思い出す。当然、リースの好感度は真っ逆さまに降下中のようである。

映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック
映画「舟を編む」宮崎あおいと松田龍平

蒼井優と蒼井そら

関連記事:http://www.j-cast.com/2013/05/08174651.html

なんと紛らわしいことか。どっちがどっちかよくわからんぞ!。ま、そうはいったものの何となく知っているのである。しかし、蒼井優も27歳か。見た目は若く見えるね。いや、若く見せているといった方が適切か。この人もいろいろと話題を提供しているようだが、最近、本業の話題が聞こえてこないのはどうしてだ。業界での評判が悪いのだろうか。話題作に出たという話は、最近聞いていない。したがって、伝えるほどの情報は特にないのである。

さて、最後に蒼井そらである。云わずと知れたアダルト女優である。しかし、この人まだ20代であったか。ずいぶん前から活躍してるのでてっきり30代と思っていた。最近は中国で活躍と噂には聞くが、実際はどうなんだろうか。ツイッターで「私は処女よ、30歳までには捨てたいわ」と云ったとか噂にあるが、これはなかなか面白いと受け取られているようだ。なんでも、ちょっとした誤解でそのように伝わったのが真相らしいが。

ま、それはともかく中国で人気なのは、希少な存在なのでがんばって欲しいと思うのである。
余談、そういえばウィノナ・ライダーの復調が著しいらしい。ウィノナといえば、ジョニー・デップとの破局後、情緒不安定となり、さらに万引きで捕まったりとマスコミを騒がしてきた。だが。ここ最近ではブラック・スワンやその他話題作に多く出演するようになっている。元々実力のあった女優なだけに精神面の回復とともに復活したようだ。彼女は41歳になった。

以下は、映画の原作本。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事