■映画|ウォン・カーウァイ・スペシャル 過去作品がリマスター化

スポンサーリンク

カーウァイ監督の過去作品が劇場公開!


「恋する惑星」麻薬ディーラーの女 ブリジット・リン

ウォン・カーウァイ監督の過去の作品が、7月下旬から劇場公開されるそうである。なんでも「楽園の瑕 終極版」の再編集・デジタル・リマスター作品の公開と同時に、過去の7作品もデジタル・リマスターされた作品として劇場公開されるようである。公開される作品は以下のとおりである。

「恋する惑星」「天使の涙」「ブエノスアイレス」「ブエノスアイレス摂氏零度」「花様年華」、以上は監督作品。「大英雄」「初恋」、この2作品はカーウァイの会社が制作した作品だったと思う。いずれにしろ、劇場で「恋する惑星」や「花様年華」を観る事ができる最後の機会かも知れない。

ウォン・カーウァイ・スペシャルは、7月下旬よりシネマート六本木、シネマート心斎橋で公開予定である。

「恋する惑星」ほか、過去作品が続々とデジタルリマスター化される

以前、当該ブログでも書いたのだが、カーウァイ監督作品のDVD価格が大変高くなっており気になっていたのである。個人的に「天使の涙」を購入しようと思っていたが、価格が7〜8千円もしていたのだ。「恋する惑星」などは、なんと2万8千円というベラボーな価格になっていた。ついにアマゾンもブラック化したかと思ったのである。

きっと古物商が、何度か高く売れたことで味を占めたに違いない。そう勘ぐる次第である。たぶん、当たらずとも遠からずである。

最近、久しぶりにアマゾンで検索したら、なんと「恋する惑星」のブルーレイが出てるではないか。価格は通常価格より1,000円ほど安い。同じく「天使の涙」もである。これで、古物商はきっと儲け損なっただろう。なお、今後デジタル・リマスターしたブルーレイも発売されるようである。

楽園の瑕、それはカーウァイ監督が苦悩した作品

今回の劇場公開の目玉である「楽園の瑕 終極版」であるが、個人的には観た事はない。「楽園の瑕」は持っているが、再編集前の作品である。この作品であるが、一言でいえば難解である。なんでも、原作は中国の有名な武道小説らしい。中国では、武道小説というものが人気があるらしい。

「花様年華」でも主人公のチャウは武道小説を書いている。実は、この映画について、何か語れるほど観ていないのである。

しかも、手元にあるにも関わらずである。いずれ、理解できる日が来ることもあるだろう。と気長に待つことにしたいと個人的には思うのである。

しかし、この作品の撮影過程の話は、なかなか面白い。なんでもカーウァイ監督はそうとうに悩んだのか知らないが、撮影が止まったままの状態となってしまった。役者もスケジュール等あるのでもったいない。そこで、カーウァイ監督の製作を担当しているジェフ・ラウ監督兼プロデューサーが、キャスト、スタッフそのままに1週間ほどで別の映画を撮り上げたそうである。それが「大英雄」という作品である。

その作品は観た事はないが、香港ではヒットしたそうである。それもそうだろう、当時の香港映画のスターがそろい踏みしていたのだから。しかし、カーウァイ監督は、その後「2046」でも同じように撮影を中断した。また、5月に公開される「グランドマスター」も似たような状態を経たようである。


「楽園の瑕」レスリー・チャン

「恋する惑星」の劇場公開記念

劇場公開を記念して?映画のスチール写真をいくつかご紹介いたします。


アウトローの女と警官223の淡い恋


警官663とキャビンアテンダントの恋人


警官663と軽食屋のフェイの出会い


香港で有名なエスカレーター 警官663の部屋を掃除した帰りのフェイ


バー・カリフォルニア フェイを待つ警官663


CAとなって香港にもどったフェイ


ラストシーン元警官とフェイの恋のやりとり

以下は、「恋する惑星」と「天使の涙」のブルーレイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事