■映画|天使の涙 Fallen Angels

スポンサーリンク


天使の涙 [DVD]
ウォン・カーウァイ監督が、香港を舞台に交錯する
5人の男女を映し出すラブストーリー。

もうひとつの恋する惑星の物語!

この映画を含めカーウァイ監督作品を配給してきた、プレノンアッシュが破産したようである。わたしが、カーウァイ監督の「恋する惑星」、その他多くの作品を知ることが出来たのは、プレノンアッシュのおかげであった。今後の再建および健闘を強く願います。製作途中の「1905」は、面白そうな予感がしていたので残念です。

<プレノンアッシュ破産を報じた記事より>

映画の製作・配給・版権販売などを手がけるプレノン・アッシュが破産したことが、2月25日に帝国データバンクで報じられた。同社は1988年2月に創業し、91年3月に法人改組した会社。『欲望の翼』『恋する惑星』『天使の涙』『ブエノスアイレス』といったウォン・カーウァイ監督作品を数多く手がけ、90年代には一世を風靡した。

また、昨年9月にはトニー・レオン主演で、黒沢清監督がメガホンを取り、前田敦子も出演する新作『一九〇五』の製作も発表。1905年の横浜を舞台とした作品で、日本と中国の共同製作が決定しており、プレノン・アッシュと松竹が共同配給する予定だった。

だが、尖閣諸島問題の余波を受け、レオンの出演が困難になった模様で、予定されていた昨年11月からのクランクイン、2013年秋からの全国公開が難しくなり、同作の製作が事実上頓挫し、資金繰りがひっ迫した様子だ。 負債総額は約6億4300万円になるという。

天使の涙|概要

「天使の涙」(原題:堕落天使、英題:Fallen Angels)は、1995年の香港映画。もともとは『恋する惑星』の一部として考えられたストーリーであったが、独立した作品として製作された。主な舞台は、九龍の觀塘や尖沙咀などである。(ウイキペディアより)

殺し屋とエージェント、モウと失恋した娘、そして不思議な雰囲気の金髪の娘、それぞれが出会い、すれ違い、いつしか絡み合う関係となる….。混沌とした魅力が魅惑的な香りを発する、香港の夜の情景が美しくも妖しい。愛しい想いも、すれ違う男と女の宿命か。ハードボイルドな雰囲気とは反し、愛しさ、切なさを強く感じるラブストーリーである。

※少々簡略化が過ぎました。また別の機会に詳しく書きます。
※本作のアマゾンでの新品価格は、¥6,150よりとなってました。そう云えば、「恋する惑星」は、¥28,000もしていたな。高いなー。

■天使の涙|原題:堕落天使(Fallen Angels)

<スタッフ>
監督・脚本:ウォン・カーウァイ
製作:ジェフ・ラウ
製作総指揮:ウォン・カーウァイ
出演者:レオン・ライ、ミシェール・リー、金城武、チャーリー・ヤン、カレン・モク
音楽:フランキー・チャン、ロエル・A・ガルシア
撮影:クリストファー・ドイル
編集:ウィリアム・チョン、ウォン・ミンラム
配給:プレノンアッシュ
公開:1995年9月6日/香港 1996年6月29日/日本
上映時間:96分

<主要キャスト>
殺し屋:レオン・ライ
エージェント:ミシェール・リー
モウ:金城武
失恋した娘:チャーリー・ヤン
金髪の女:カレン・モク

以下は、カーウァイ監督の出世作「欲望の翼」DVD。

欲望の翼 [DVD] 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事