■デザイン|広告詩 ヴァンパイアキラー

スポンサーリンク

蚊ちゃんは、ボクのちぃーを吸いにくる

コムデ02
井上嗣也 コム・デ・ギャルソン

広告詩とは、広告の形を借りた詩のようなものである。
なお、詳細は最後にあります。

ヴァンパイアーキラー キンチョーとか!

作:cragycloud

あたたかくなってくると蚊ちゃんが出てくる。
冬のあいだはいなかったのに何故?冬眠でもしていたのかな。
ボクちゃんは、蚊ちゃんが嫌いだ。とっても迷惑だ。
何故なら、ボクのちぃーを吸いにくるからだ。

蚊ちゃんは、ブーンという音を立てていつの間にかボクのちぃーを吸っている。
そのあとはかいーの、かいーのどうしようもないのだ。
だからママにおくすりを塗ってもらうのだ。そうするとかいーのが止まるのだ。

だけどいつもママがそばにいるわけではない。
そんなときはキンチョーさんの出番である。アースさんでもいいらしい。
これさえあれば蚊ちゃんなんかこわくない。へっちゃらだ。
しゅーとスプレーすれば、たちどころに蚊ちゃんはへなへなとなって落ちて行く。

どんなもんだ。人間様をなめるな!と蚊ちゃんに言っておこう。
なんでもちぃーを吸う人がいるらしい。それはヴァンパイアーというらしい。
ゾンビとは違うらしいけど、とにかくちぃーを吸いにくるらしい。
ボクちゃんが言う事をきかないとママがヴァンパイアーが来るぞとおどすのだ。

ふんだ、ボクちゃんには強い味方がいるのだ。
それは、ヴァンパイアーキラーのキンチョーさんとか、アースさんだ!。
いつでもこい、ヴァンパイアーよ!。とボクちゃんは心の中で叫んでいた。

おしまい。

<キンチョーさんのヴァンパイアキラー>

水性キンチョウリキッド 90日 無香料 ECO-W グリーンセット

ちょっと恥ずかしい気もしたが、思い切ってアップしてしまった。当該ユーザーは、もともと恥も外聞もあまり気にしない方であるから、恥ぐらいなんだという気持ちである。いやはや。

<広告詩について>
「広告詩」は、1987年に出版されたねじめ正一著の本のタイトルである。何でも勝手に広告をつくるをテーマにして書かれたそうである。発案は、故・天野祐吉氏だそうである。50編の広告詩が掲載されている。残念ながらアマゾンでは取り扱っていないようである。ちなみに出版社はマドラ出版である。

本のビジュアルを担当したのは、当時の俊英デザイナー井上嗣也(いのうえつぐや)であった。たしか、元はヴァンジャケットにいたはずである。コムデやサントリーその他の広告で卓越したビジュアルの構築力を示した人である。たぶん。いまでも現役であり、数多くの賞を受賞している。

Inoue_Tsuguya_01
サントリーの広告 井上嗣也

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事