■社会|グーグルからのアクセスが急減! その3

スポンサーリンク

あれから、多少元に戻るが新たな問題が発生か?

membuat-wordpress1-480x270

<以下の記事は、旧タイトルの無料ブログに関する記事です。2013/10/18以後は、独自ドメインでの運用となりました>

検索クエリ数は、急減前の60%に回復中!

前回、検索クエリをクリエと間違って書いてました。なんとも恥ずかしい限りである。ともかく、知識がある訳ではないので用語も語呂の良い方で覚えているみたいです。クエリよりクリエの方が語呂が良いと思いませんか。それはさておき、ウェブツールを使ってグーグルの認可?を取り直してから若干ですが、検索クエリ数は戻っています。これが、果たしてグーグルの再認証の結果かどうか判りませんが、良い傾向ではあります。

<検索クエリ数とは>
グーグルのインデックスに掲載されたページが表示された回数のことです。

クエリ数の統計グラフを見ますと、7/30以降は右肩上がりの急上昇です。角度でいえば75度ぐらいでしょうか。しかし、それでも急減前の60%ぐらいである。このデータは、ウェブツールとアナリティクスのもので共に直近の2日前までが反映されています。

ともかく、確率的にいえば検索クエリ数が一定水準以上でないとアクセスまでには至らないのは、言うまでもないだろう。スルーは当たり前と考えた方が良いようである。しかし、当該ブログでは、クエリ数は300回程度しかないにも関わらず、それなりのアクセスがある記事もある。アクセス数の多さとクエリ数のそれが必ずしもイコールであるとは限らないようだ。

7/30以降、検索クエリ数が反発する傾向にあると前述しましたが、グーグルのウェブツールで再認証の送信をしたのが同じく7/30である。そんなに早く処理されるとは思えないので、ウエブツールのサイトマップというのを確認した。そうしたら送信は保留となっている。これはどういう意味かよく分からない。

そこでサイトマップの送信を繰り返した結果、なんとか送信に成功。ただし、インデックスに登録済みという項目は保留のままであった。しばらく放置した後に確認したら、登録済みとなっていた。8/3現在、307件がインデックスに登録済みである。

■とりあえず、後は様子見かと思えばそうでもなかった!

インデックス登録済みが確認され、やれやれと思ったのもつかの間であった。新たな問題が、見つかったのである。それは、「メタデータの重複」というやつらしい。なんだそれは?。ウェブツールの項目のひとつに「HTMLの改善」というものがある。そこを確認したら「メタデータの重複」が162件あるという結果が判明した。

この「メタデータの重複」があるとグーグルの正確な認識を阻害する原因になるらしい。せっかく、改めてインデックス登録もしたのに、うんざりである。そもそも、この問題はFC2ブログには付き物であるらしい。なんでも、通常のままページを増やしていくとどんどんメタデータの重複が増えていくそうだ。そのように、いくつかのサイトには書いてあった。

そこで、仕方なくこの「HTMLの改善」に着手した。どうすればいいか皆目検討も付かなかった。なんせウェブツールのヘルプには改善すれば、パフォーマンスが上がるかもと書いているだけで、どうやって改善するか書かれていないのだ。またしても、いくつかのサイトを参考に以下のように改善してみた。果たしてその結果は如何に。

<メタデータ重複/HTMLの改善>
どうやらdescriptionという部分が重複するらしいのだ。よくは分からないがそうであるらしい。改善した記述が正しいのか判断できる知識はないに等しいが、とりあえずやってみた次第である。参考にしたサイトによって微妙に記述が違うのだ。しかし、いずれにしても、デフォルトではだめだと書いてあった。

<タイトル/HTMLの記述変更>
ついでにタイトルの記述も変えた方が良いようなので、これも変えてみた。なんでも、デフォルトでは、ブログタイトルが必ず最初に来るようになってるそうで、これだと記事ページがインデックスに掲載されたとき鬱陶しい。そこで、記事ページでは、記事タイトルが頭に来るように変更した。

これで本当にいいのかどうか?。個人的には判断する知識はない。したがって、様子を見るしかないようだ。あるサイトユーザーは何度も、この記述を書き直しているようである。たぶん、SEかなんかなのだろう。

さて、この経過は数日後には判明するかもしれないので、またご報告したいと思う次第である。そういう訳で、ではアディオス。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事